【TSUKUMO】BTOパソコンのツクモの評価・特徴、メリット・デメリットを紹介!

4 min 30 views

TSUKUMOは、老舗のパソコンショップです。PCパーツを昔からたくさん取り扱ってきました。まだBTOが一般的では無かった頃には、自作PC愛好家たちがよく利用していた印象があります。

ただ、現在はドスパラやマウスの影に隠れがちです。

そこで今回は、BTOパソコンブランド「TSUKUMO(ツクモ)の特徴、メリット・デメリットを紹介します。

TSUKUMO ネットショップ

TSUKUMOはどんなBTOショップ? 特徴を紹介します

TSUKUMOのメリットを紹介する前に、まずはTSUKUMOの特徴を2つ紹介します。TSUKUMOがどんなBTOショップなのか、概要をチェックしておきましょう。

ヤマダ電機グループに属している

TSUKUMOは、家電量販店で有名なヤマダ電機グループに属しています。もともとは東京の秋葉原を本拠地とするパソコンショップで、「九十九電機株式会社」に運営されていました。それが2009年にヤマダ電機(現・ヤマダホールディングス)が事業譲受する形で、ヤマダホールディングスの子会社の株式会社Project Whiteに運営が引き継がれたんです。

大手の子会社が運営しているという安心感と、長らく秋葉原をメインに活躍してきた老舗の安定感の融合が、TSUKUMOの魅力のひとつだと言えるのかもしれませんね。

実店舗にも力を入れている

TSUKUMOは、もともと実店舗を軸にして成り上がった店です。そのため、実店舗の数が他のBTOパソコンショップに比べて多いんですよ。

秋葉原だけでも3店舗、大阪には2店舗、名古屋に2店舗、福岡に1店舗、札幌に1店舗あります。これらは販売店舗の数です。

さらに、上記の各地にサポートセンターがあります。サポートセンターにTSUKUMOで購入したPCを持って行くことで、直接修理を依頼することも可能です。配送業者の対応を待たなくても良いため、急な故障の際には助かります。

販売店舗でも取り扱うBTOパソコンの種類が多く、店員さんと相談しながらカスタマイズができるのが良いところです。

もちろん、PCパーツも多数揃っています。

TSUKUMOを選ぶメリットを5つ紹介します

TSUKUMOは現在、大手家電量販店グループの傘下にあり、実店舗に力を入れているという特徴があると紹介してきました。そんなTSUKUMOを選ぶメリットは一体、どこにあるのでしょうか。特徴の項目だけでは紹介しきれなかった、メリットを5つ紹介します。

ミドルクラスのパソコンが豊富

TSUKUMOは、ミドルクラスのパソコンを豊富にラインナップしています。ミドルクラスがどのくらいかというと、値段にして10万円から20万円ほどです。20万円から30万円になると、ハイエンド感が増してきます。30万円もあれば、大抵の用途で動くPCを買えるでしょう。

ただ、ゲーミングPC界隈で最も購入者が多いのは、ミドルクラスだと言われています。とりあえず最新の3Dゲームを動かすのであれば、ミドルクラスのスペックがあれば十分ですから。

20万円のゲーミングPCがあれば、たいていのゲームは動くでしょう。

需要の多いミドルクラス。ここのラインナップが厚いということは、「選択肢が広く感じられる」ということだと言えるのではないでしょうか。

セールがかなり頻繁に行われている

TSUKUMOは、驚くほど頻繁にセールを行います。土日限定セール、夜間限定セールなどを日常的に行うんですよ。他にも年に一度の本決算セール、初売りセール、年末セールなど季節・イベントごとにもセールを行います。

ほとんど毎日のようにセールがあるんです。

お得にパソコンを購入できるチャンスが多いのは、嬉しいですよね。TSUKUMOを利用する際は、現在どんなセールを行っているのかをチェックすることをおすすめします。

WEBサイトがわかりやすい

地味なところではありますが、わかりやすいWEBサイトはBTOパソコンショップにおいて重要です。TSUKUMOは実店舗も比較的多いとは言え、BTOの主戦場はやはりネットですよね。WEBサイトがわかりにくければ、使う気にはなれないでしょう。

TSUKUMOは必要な情報がわかりやすく並べられています。余計な装飾などもしていないため、効率よく情報を得ることが可能です。トップのメニューバー、サイドメニューバーも充実しています。

カスタムの自由度が高め

TSUKUMOは、ドスパラ、マウスと連なる大手BTOパソコンブランドの中では、比較的カスタマイズの幅が広いです。他のBTOにはあまりないグラボ、CPU、電源ユニットも選べます。さらに、他のBTOブランドは各項目3~4ほどの選択肢が与えられていることが多いですが、TSUKUMOは当たり前のように5~10ほどの選択肢を提示してくることがあるんです。

特に、メモリ、グラフィックカード、SSD、HDDの選択肢が豊富なんですよ。これらはゲーミングPCの構成において最も重視される項目なので、ゲーミングPCを探している人にとってはありがたいでしょう。

圧倒的自由度でカスタマイズしたい人には、TSUKUMOがおすすめです。

Ryzen搭載モデルが充実している

TSUKUMOのゲーミングPCは、Ryzen搭載モデルが充実しています。Ryzen5 3600XTや、Ryzen7 5800XなどさまざまなRyzenシリーズ搭載モデルがあるんです。よくわからないという人にも、製品をスペック表にして並べてくれているのでわかりやすいですよ。

近年、インテルとAMD社を比較するとAMD社のCPU(Ryzen)の方が価格性能比が高くなっていますが、まだ多くのBTOパソコンショップで主流なのはインテルで、インテルCoreシリーズと比べるとRyzenは使われていない様に見受けます。

ゲーミングPC愛好家の中にはインテルよりRyzenのほうが好きだという人も多く、Ryzen CPUのラインナップを多く持つTSUKUMOは、こだわり派には嬉しいショップなのではないでしょうか。

TSUKUMOのデメリットを3つ紹介します

TSUKUMOのメリットを5つ紹介してきました。これだけのメリットがあるとデメリットが無いのではないか、と思うかもしれません。しかし、もちろんデメリットもあります。そこで、TSUKUMOのデメリットを3つ紹介しましょう。

発送が最短3営業日と、比較的遅い

TSUKUMOは、発送がドスパラやマウスに比べて、発送が遅めです。ドスパラやマウスは当たり前のように翌日出荷してくれますし、場合によっては即日出荷してくれます。ところが、TSUKUMOは最短3営業日の発送となっているんです。

納期短縮オプションもありません。注文したモデルやカスタマイズによっては、5日かかることもあります。

ただ、土日祝日も発送してくれるので、そこは安心です。1週間より長く発送を待たされることは、なかなかないでしょう。

ノートPCのラインナップが少ない

これは、他の多くのBTOパソコンブランドにも言えることですが、ノートPCのラインナップはデスクトップPCに比べて少なめです。TSUKUMOは、通常のノートPCが5種類と、ゲーミングノートPCが3種類ラインナップされています。

ただ、ゲーミングノートに関しては、どれもスペックが高めです。ラインナップ数を絞ってはいるものの、3種類全てがこだわり抜かれているのがわかります。価格帯も税込み約12万円~22万円と、ちょうどいいです。

製品のお得度がコロコロ変わる

TSUKUMOは、驚くほど頻繁にキャンペーンやセールを行うと、メリットとして語ってきました。それは同時に、お得なモデルが定まらないということでもあります。仮にA、B、Cの3モデルがあるとして、一昨日まではAがお得だったのに、今日はBがお得ということになるんです。

レビューで「このモデルはお得!」と書かれていても、チェック時には通常価格に戻っている可能性があります。常に新しい情報を拾っていないと、どれがお得かを判断するのは難しいです。

TSUKUMOは徹底的にカスタマイズしたい人向け!

ここまで、BTOパソコンブランドTSUKUMOの特徴、メリット・デメリットについて紹介してきました。こうして見てみると、TSUKUMOは初心者から抜け出そうとしている人向けのショップなのかもしれません。

カスタマイズの幅がかなり広いので、初心者はかえって迷ってしまいます。しっかりとパーツごとの性能等を調べて、初心者から抜け出そうとしている状態になってはじめてTSUKUMOでのPC注文を楽しめるのでしょう。

カスタマイズにこだわりたくなったら、TSUKUMOを選ぶと良いのかもしれませんね。

TSUKUMO ネットショップ

関連記事