スプラトゥーン3 コントローラーおすすめ7選! プロコンの選び方・設定も紹介

11 min
スプラトゥーン3 おすすめコントローラー

スプラトゥーン3が発売されました!

スプラトゥーンはWii Uで出たときから今までずっと人気があるシリーズで、ファンが非常に多いです。カジュアルに遊ぶこともできますし、競技感覚でガッツリ遊ぶこともできます。

対人TPSゲームの中では、比較的門戸の広いゲームです。

スプラトゥーン3の発売を発売を待ちに待っていた方も多いのではいでしょうか。

そんなスプラトゥーンですが、ジョイコンよりもプロコン(プロコントローラー)のほうが使いやすいという人も大勢いますし、実際に使いやすいです。

そこで今回は、スプラトゥーン向けコントローラーのおすすめモデルを7つ紹介しましょう。

なぜジョイコンだとやり辛い?プロコンをおすすめする理由

スプラトゥーン3はジョイコン(Switchに付属しているコントローラー)でも十分に遊べるので、プロコンは不要だと考える人もいます。

確かに、ただ遊ぶだけなら不要です。ジョイコンでも十分戦えます。

しかしジョイコンは簡易的にゲームを楽しむために開発されたコントローラーで、プロコンのようにコントロール性能にこだわって作られたものではありません。

左がプロコン、右がジョイコン・いずれもスプラトゥーン3エディション
  • ボタンやスティックが小さくコントロールし辛い
  • スティックが小さく、エイムに向いていない
  • スイッチに遊びがなく押し間違えが生じてしまう
  • 形状がグリップを配慮されておらずグリップし辛い
  • Switchの画面を動かしながら操作するため操作し辛い

アタッチメント(右)でプロコンのように操作することもできますが、あくまでも補助的なものと考えた方がよいです。

具体的な感覚として、まず、プロコンのほうがジャンプ撃ちが楽になります。

特にミスが起きやすいのが、ジャンプ撃ちです。

ジャンプ撃ちは複数ボタンを押す必要があり、ボタンが小さいと不利になります。多くのプロコンはジョイコンよりボタンが大きいので、ジャンプ撃ちは楽です。

さらに、ジャイロも合わせやすくなります。

これはコントローラーにもよりますが、ジョイコンより横に長いものだと特に有利です。コントローラーを大きく動かさなくても、合わせられます。

スティックに関しても、より深く倒せるようになり、倒した深さによる移動距離・速度の使い分けもしやすいです。

そして、コントローラーのほうが手が疲れにくくなります。ジョイコングリップは全て同じ素材で、滑り止めの工夫も特にありません。形状的にも遊びが少なく、「自然に持てる」「持ちやすい」とはあまり言えないでしょう。

手が大きい人は特に、苦労します。

こうして考えると、やっぱりプロコンのほうが有利な面があるのね

あや

あや

よしぞー

よしぞー

一概には言い切れないところもあるけど、悩んでるなら買うことをおすすめするよ

プロコンとジョイコンのサイズ比較
プロコンとジョイコンではLR・ZL、ZRのサイズも全く異なる
ジョイコンを本体に装着した際のサイズ比較

スプラトゥーン3用プロコントローラーの選び方

スプラトゥーン3 コントローラー

スプラトゥーンに使うコントローラーは、Switchに対応していることが前提条件です。ただし、Switch対応していて安いコントローラーが全部使いやすいわけではありません。そこで、スプラトゥーン用のコントローラーの選び方について紹介します。

接続方法はどちらがいいか

コントローラーの接続方法は、有線と無線の2種類があります。

無線はケーブルが邪魔にならず、ジャイロ操作がしやすいのがメリットです。ジャイロとスティックの両方を使ってエイムを合わせる方には、ワイヤレスコントローラーをおすすめします。

反面、充電が気になるのが大きなデメリットです。

遅延に関しては、スプラトゥーンはほかのTPS/FPSに比べて重要度は低くなっています。弾の判定が大きいので多少遅延があっても、当たることが多いです。

有線は、ケーブルが邪魔になるというデメリットがありますが、充電が要らないというメリットがあります。充電に気を取られたくないという人や、毎日スプラトゥーンをプレイしたいという人には有線がおすすめです。

純正と非純正どちらがいいか

Switchのコントローラーには、純正のプロコンと非純正のものがあります。

純正プロコンは特殊な機能はないものの、安心感・信頼感・安定感があるのが魅力です。機能も特殊なものがなくても、Switchで使うジャイロやamiibo機能などは一通り揃っています。

ただ、値段が高いのがネックです。

非純正コントローラーには、任天堂公式ライセンス品と、そうでないものがあります。

公式ライセンス品は確実にSwitchで動作しますし、信頼感があるのでおすすめです。機能やボタン数は各コントローラーにより、大きく異なります。

値段も純正プロコンに比べて安いものが多いので、安いスプラトゥーン用コントローラーがほしい方には非純正の公式ライセンス品がおすすめです。

ジャイロなどほしい機能があるか

スプラトゥーン3のコントローラー調整

非純正のコントローラーを選ぶうえで大事なのが、機能です。

特に、スプラトゥーンはジャイロが重要。純正プロコンはジョイコンとほぼ同等のジャイロ機能が搭載されていますが、非純正コントローラーはジャイロ自体が搭載されていないケースもあります。

スプラトゥーンで使うのなら、ジャイロを搭載しているかどうかはしっかりチェックしましょう。

他にも欲しい機能があるか、書き出してみてください。自分が欲する機能をなるべく多く搭載したコントローラーを選びましょう。

背面ボタンは必要かどうか

コントローラーの背面ボタン

コントローラーには、背面ボタンがあるタイプとないタイプに分かれます。また、背面ボタンにも2つタイプと4つタイプがありそれを選択すればよいか悩むところ。

純正のプロコンの場合は背面ボタンなしで、サードパーティー製のコントローラーには背面ボタンがついているものが多いのも気になるところでしょう。

実際のところスプラトゥーン3では背面ボタンはさほど必要ありません。逆に背面ボタンがあることで、使いづらくなるケースも多いです。

背面ボタンがあることで誤操作の原因になるケースもありますから、スプラトゥーン3用のコントローラーではあまりこだわる必要はありません。

よしぞー

よしぞー

とは言いつつサードパーティー製のコントローラーの多くが背面ボタンがあるというジレンマね

純正プロコンがスプラトゥーン3では最強だったりするわけね

あや

あや

手が疲れにくいかどうか

中央が純正のプロコン。それぞれサイズ感や形状、重さに違いがあります。

スプラトゥーン3は、ついつい長時間遊んでしまう中毒性があるゲームです。対戦のテンポも良く、勝っても負けてもまた戦いたくなりますよね。

長時間遊ぶのであれば、手が疲れにくいコントローラーを選ぶのはとても大事です。

手が疲れにくいコントローラーを見極めるポイントは、以下の通り。

  • サイズ
  • 重量
  • 滑り止め

まず重要なのが、サイズです。たとえば手が大きい人が小さいコントローラーを使うと、疲れます。手が小さい人が大きいコントローラーを使っても、同様です。

自分の手に合った大きさを選ぶことをおすすめします。

続いて重量です。ジャイロを使う場合は特に、注意が必要になります。重いと握ったときの安定感はあるものの、コントローラーを持つ手を浮かせてプレイする人は疲れを感じやすいです。ジャイロでコントローラーを動かすと、なおさら。

なるべく軽いものを選ぶことをおすすめします。

最後に滑り止めですが、これも大事です。滑り止めがほとんどないようなコントローラーを長時間使うと、手汗で滑ったりします。滑らないように無意識に強く握るようになり、疲労を招くというわけです。

バッテリー容量

ワイヤレスコントローラーを使いたいなら、バッテリー容量は絶対にチェックしてください。

バッテリー容量は、コントローラーによってピンからキリまであります。バッテリー容量が小さいと、すぐに充電が切れてしまうので注意が必要です。有線にも対応しているモデルでも、すぐ充電が切れるとストレスになります。

スプラトゥーン3のコントローラーおすすめ7選

スプラトゥーンのコントローラーの選び方について、説明しました。自分に合うコントローラーを選ぶことが、重要です。ただ、Switchに対応しているコントローラーはたくさんあります。そこで、スプラトゥーンのコントローラーのおすすめを7つ紹介しましょう。

Nintendo Switch Proコントローラー(純正プロコン)

Nintendo Switch Proコントローラー
  • 接続:無線/有線
  • 通信:Bluetooth3.0/NFC
  • センサー:加速度センサー/ジャイロセンサー
  • 振動:HD振動
  • USB端子:Type-C
  • バッテリー容量:1300mAh
  • 充電時間:約6時間
  • バッテリー持続時間:約40時間
  • 重量:約248g
  • 背面ボタン:なし

純正プロコンということで、ジョイコンと同等の機能が備わっているのが良いところです。ジャイロもHD振動も、amiiboも使えます。

非純正のコントローラーはamiiboが使えないことが多いので、amiiboが使えることを条件にするなら純正プロコンが一番おすすめです。

バッテリー持続時間が約40時間と長いので、充電をあまり気にする必要がありません。

さらに、純正ということもあり操作も快適です。ボタン・トリガーともに引っかかりもなく、スムーズに押下できます。

スティックの反応もダイレクトで、繊細な操作にしっかりと追従してくれます。

背面ボタンはなしでシンプルなコントローラー
グリップ部分はエンボス加工がされており最低限のグリップ力を担保している
実寸で248.0gと今回紹介するコントローラーの中では重め

値段が高いのがネックですが、バッテリー持ちが良く機能が揃ったコントローラーがほしい方にはおすすめです。

Switch用のコントローラーで悩んだら、純正のプロコンを買っておけばまず間違いはありません。

created by Rinker
任天堂
¥11,100 (2022/09/26 21:16:48時点 Amazon調べ-詳細)

プロコンのスプラトゥーン3エディションも発売されていますので、限定エディションと合わせるのも良いでしょう。

左がスプラトゥーン3エディション、右側の普通のプロコン
スプラトゥーン3エディションにはキャラクターやインクなどがデザインされており可愛くテンションが上がる

PDP Afterglow Switch Wireless Deluxe Controller

PDP Afterglow Switch Wireless Deluxe Controller
  • 接続方式:無線/有線
  • スティック・ボタン配置:switch配置
  • 通信:Bluetooth
  • 対応機種:Nintendo Switch/PC
  • ジャイロセンサー/加速度センサー搭載
  • バッテリー持続時間:約20時間
  • 背面ボタン搭載
  • 本体重量:約239g
  • 背面ボタン:あり(二つ)

バッテリー持続時間が純正プロコンの半分ですが、一般的にはワイヤレスコントローラーは8時間から12時間程度持続すれば良い方です。20時間は十分長い部類に入ります。

さらに、背面ボタンが便利です。

左右で1つずつ搭載されており、ジャンプボタンを割り当てると使いやすくなります。常に中指で触れられるようになっているため、フロントボタンでジャンプするより早くジャンプすることが可能です。

グリップ部分に対して滑り止め等の加工はされていないものの、グリップ全体に吸い付くような質感がある為、滑りやすさは感じられません
実寸239.0gとプロコンと比べて10g程度軽い

ジャイロも搭載されているので、スプラトゥーン3でも安心して使えます。

ホリパッドFPS for Nintendo Switch/PC

ホリパッドFPS for Nintendo Switch/PC
  • 接続方式:USB有線接続
  • ケーブル長:約3m
  • 連射機能搭載
  • ヘッドホンマイク端子搭載
  • 専用PCアプリ有り
  • 背面ボタン搭載
  • スティック感度切替機能搭載
  • モーションエイム機能搭載
  • 重量:165.5g
  • 背面ボタン:あり

このコントローラーの最大の特徴は有線接続でイヤホンジャックも付いていることです。

全てが有線で繋げられるため、操作・音ともに一歳遅延がありません。

ジャイロは搭載されていませんが、モーションエイムがその代わりになります。モーションエイムは、コントローラー自体を動かすことでRスティックを動かせる機能です。コントローラーを右に動かせば、視点が右に動きます。

ジャイロとは操作感覚が異なるものの、ジャイロのように直感的にエイムできるという点ではスプラトゥーンにも有利です。

ジャイロを使用しないFPS/TPSゲームに慣れているゲーマーだとジャイロよりもモーションエイムの方が使いやすい感覚があります。

さらに、背面ボタンも左右1つずつ搭載されています。押しやすく誤操作しにくいので、非常に便利です。

グリップ部分はプラスチック素材であるものの滑り止めの加工が施されており最低限のグリップを担保しています
バッテリーが内蔵されていない分、今回紹介するコントローラーの中で最も軽量

このコントローラーのデメリットとしては、十字キーが妙に硬いこと。

ゲーム中(対戦中)は十字キーを使うことがないのでさほど影響はありませんが、対戦時以外で十字キーを触る際に若干戸惑うはずです。

とは言いつつ、長年コンシューマーの周辺機器を作ってきたホリの安心感・信頼感もあります。

全般的につくりはよくできているので、遅延がなく安定感のあるコントローラーがほしい方におすすめです。

ワイヤレスホリパッドfor Nintendo Switch

ワイヤレスホリパッドfor Nintendo Switch
  • 接続方式:無線
  • スティック・ボタン配置:switch配置
  • 無線方式:Bluetooth5.0
  • USB端子:Type-C
  • 充電時間:最大約3.5時間
  • バッテリー持続時間:約20時間
  • 外形寸法:幅約160mm×奥行き約60mm×高さ約110mm
  • 重量:約180g
  • 加速度センサー/ジャイロセンサー搭載
  • NFC:無し
  • HD振動:無し
  • 背面ボタン:なし

もう一つホリ製のコントローラーを紹介します。

こちらは振動や連射機能などは省きつつ、無線のみに対応したコントローラーです。

サイズは純正プロコンよりも若干大き目なものの、180gと無線タイプのコントローラーの中では軽量の為、以下のような方に適しています。

  • 重たいコントローラーは疲れる
  • 手が大きいのでプロコンがサイズ的に合わない
  • 振動や連射などの機能は不要
背面ボタンは無し
左がワイヤレスホリパッドfor Nintendo Switch、右側が純正のプロコン。プロコンよりも一回り大きい

接続はBluetoothですが、接続遅延を感じる事もなく快適に使えますよ。

GameSir T4 Pro

GameSir T4 Pro
  • 接続方法:無線・有線両対応
  • スティック・ボタン配置:XBOX配置
  • バッテリー容量:600mAh
  • 充電時間:最大約1.5時間
  • バッテリー持続時間:約15時間
  • 充電方式:USB Type−C
  • 対応機種:Switch、iOS10.0以降、Android7.0以降、Windows7以降
  • 振動機能搭載
  • ターボ機能搭載
  • 6軸ジャイロ搭載
  • ライティング機能あり
  • モバイルブラケット付属
  • 重量:199g
  • 背面ボタン:あり(4つ)

機能を盛りに盛ったSwitch向け非純正コントローラーです。

ジャイロが搭載されており、無線にも対応しているためスプラトゥーンにも向いています。振動フィードバックもしっかりあるので、臨場感あるゲーム体験ができるのもいいところです。

背面には4つのボタンが装備されている

さらに、対応機種が豊富。これをひとつ持っていれば、Switchでスプラトゥーン3に使うだけでなく、スマホゲームやPCゲームでも使えます。スマホで使うためのブラケットも付属するので、非常に高コスパ。

グリップ部分は細かな加工が施されておりザラザラとしたグリップ感
実寸で200gアンダーと、無線コントローラーの中では非常に軽い

これだけ機能を盛って、価格は4500円程度です。スプラトゥーン向けの安いコントローラーを探している方にも、おすすめ。

GameSir G4 Pro

GameSir G4 Pro
  • 接続方法:無線・有線両対応
  • スティック・ボタン配置:XBOX配置(switch配置に切り替え可能
  • 無線方式:2.4GHz無線ドングル/Bluetooth
  • バッテリー容量:800mAh
  • バッテリー持続時間:20時間程度(実測)
  • 6軸ジャイロセンサー搭載
  • スクリーンショットボタン搭載
  • 内蔵式モバイルブラケット搭載
  • 重量:259g
  • 背面ボタン:なし

機能も接続方法も豊富なGameSirの上位モデルです。

スプラトゥーン3専用コントローラーとして考えると使い辛い部分もありますが、簡単に紹介します。

SwitchにはBluetoothで接続し、PCには無線ドングルで接続できます。バッテリー持続時間も一般的な範囲で、使いやすいです。

ジャイロもスクリーンショットボタンもあるので、スプラトゥーンなどさまざまなゲームで活躍します。

ただし、スクリーンショットはスマホのアジャスターを持ち上げないと使えないため実際使いにくいです

スマホを固定できるパーツも備わっており、2段階調節が可能。好みは分かれるところではありますが、合わなければ別売りのものを買えばいいだけなので特に問題はありません。

背面ボタンはなし
グリップ部分にはラバーのような素材が使われており、今回紹介した中で一番のグリップ力を味わえる
259gと今回紹介したコントローラーの中で最も重たい

デメリットとしてはトリガーの押し込みが深いところ。プロコンのZL・ZRボタンはカチカチとしたクリック感のあるボタンですが、GameSir G4 Proは押し込みの深いトリガータイプであること。

そのためZRで打つ際に反応が遅れます。

スプラトゥーン3専用で考えるとネガティブポイントがありますが、さまざまなデバイスで使えて、ジャイロも搭載しているコントローラーがほしい方におすすめです。

HG wireless Battle Pad Turbo Pro SW

HGワイヤレスバトルパッドターボProSW
  • 接続方式:有線・無線に対応
  • スティック・ボタン配置:switch配置
  • ケーブル長:1.5m
  • 重さ:220g
  • 動作時間:8時間
  • 加速度&ジャイロセンサー
  • 3段階連射&連射ホールド機能
  • マクロ機能・NFC搭載
  • 任天堂のライセンス製品ではない
  • 背面ボタン:あり(4つ)

こちらは任天堂のライセンス製品ではありません。

ライセンス製品ではないものの、実売4000円以下という安価で、無線・有線対応、加速度ジャイロセンサー、連射機能・マクロ機能など機能が備わったSwitch用コントローラーです。

M1~M4まで背面ボタンも用意されており、その4つにマクロを組み込むことが可能です。

スプラトゥーン3でマクロを伴う操作は少ないかもしれませんが、他のゲームで遊ぶ際に活用できるシーンは出てきます。

スティックやボタンの押し心地は純正のプロコンと比較して少し重たいです。特にスティック操作の初動にある程度の力が必要な為、繊細な操作は慣れが必要です。

ZL/ZRは純正プロコンと同じくレスポンスの良いクリックタイプのため、操作しやすいです。

一点気になったのは、スティックの遊びが今回紹介したコントローラーの中では一番大きめです。

純正プロコンのスティックはダイレクトに反応が返ってきますが、こちらは若干の遊びがあってから反応するイメージ。より繊細なコントロール性能を求める方にはお勧めできません。

機能の豊富さと安価な価格という魅力はあるので、限られた予算の中で機能モリモリなコントローラーを探している方は試してみる価値がありますね。

スプラトゥーンのコントローラーに関するよくある質問

スプラトゥーンにおすすめなコントローラーについて紹介してきました。最後に、スプラトゥーンにコントローラーは必要かどうか、勝手に動くときはどうしたらいいか、おすすめ設定などのQ&Aを紹介していきます。

スプラトゥーンにコントローラーは必要?

スプラトゥーンにコントローラーが必要かどうかは、人によります。

ただ、必要だと考える人は多いです。人にもよりますが、ジョイコンよりもプロコンなどのほうが持ちやすく操作がしやすいと感じられることがあります。

Switch以外のゲーム機をあまり触ったことがない人は違和感を抱きにくいですが、ゲームに慣れ親しんでいる人ほど一般的なコントローラーとは異なる形などに違和感を抱くことが多いです。

自分がスプラトゥーンをプレイしてみて、少しでも「プロコンとか買ったほうがいいかも」と思ったら、コントローラーを購入してみても良いのではないでしょうか。

スプラトゥーンでコントローラーが動かないときは?

まずは、しっかりとSwitchに接続されているかチェックしましょう。

接続されているのにコントローラーが動かないときは、SwitchのHOMEメニューの「設定」をジョイコンなどで開いてください。

コントローラーとセンサーメニューに、「入力デバイスの動作チェック」という項目があります。これを選択し、「ボタンの動作チェック」を選択してください。

動かないコントローラーのボタンを押してみて、押したボタンが正しく表示されるかどうかチェックしましょう。ボタンを推しても何も表示されない場合、コントローラーの故障の可能性があります。

また、案外接続しなおしてみると改善されることもあるので、どうしても原因などがわからない場合は一度接続しなおすのがおすすめです。

スプラトゥーンでコントローラーが勝手に動くときは?

スティックを触っていないのに勝手に動くときは、一度コントローラーの接続を切り、再接続してみてください。

昔のゲーム機でもよくあったのですが、接続時にスティックに触れたりしていると、その傾いた状態がデフォルトになってしまい、勝手に動いてしまうことがあります。スティックなどに触れずに再接続すればなおるので、試してみましょう。

なおらなかった場合、スティックの補正を試してみてください。

補正をすれば、なおることがあります。

どうしてもなおらなかった場合は、スティックが故障している可能性が高いです。

スプラトゥーンのコントローラーのおすすめ設定は?

スプラトゥーンのコントローラーのボタン設定は、デフォルトが一番おすすめです。

ただ、パブロで高速連打したい場合は、YボタンなどフロントボタンのいずれかにZRを割り当てると高速連打しやすくなります。使っている武器や、やりたいことによって最適なボタン配置が異なるので、あれこれ試してみてください。

ジャイロ感度はチャージャー系は「-5~-2」にすると、手ブレ対策になります。

チャージャー系以外は、「1~5」で視点の切り替えの素早さを重視した設定にするのがおすすめです。

まとめ

スプラトゥーンは、コントローラーなどガジェット性能が大きく影響するゲームではありません。

ただ、自分に合ったコントローラーでプレイするのは重要です。ジョイコンが少しでも合わないと感じれば、コントローラーを変えるだけでもより上手くなれる可能性がありますよ。

今回は、Switch対応のコントローラーでスプラトゥーン向きのものをいくつか厳選して紹介しましたが、まだまだほかにもコントローラーはたくさんあります。

ここで紹介したコントローラーも参考にしつつ、自分に合ったコントローラーを選び、スプラトゥーンを思い切り楽しみましょう!

またプロコンと合わせ、外部モニターと接続して楽しむことをお勧めします。

Amazonでお得に買い物をする

Amazonで買い物するなら、Amazonギフト券の購入(チャージ)がポイントが付いておすすめです。

現金チャージすると、通常会員で2.0%、プライム会員なら最大2.5%ポイントをゲットできます!

定期的にAmazonでお買い物するならチャージをぜひ活用しましょう

▶Amazonギフト券の購入(チャージ)はこちらから可能です!

yoshizoo

yoshizoo

メタバース・ゲーム・音の世界で日々を暮らしています。このブログではメタバース・NFT、ゲーミング、音楽鑑賞・オーディオについて情報発信やレビューをしています。仮想通貨は投資目的よりNFTを購入するために少しずつ購入。

関連記事