Logicool G502 X PLUSレビュー・スペック+フィット感最強なハイスペックゲーミングマウス

7 min

Logicool(ロジクール)から発売されたゲーミングマウス、G502 X PLUSをレビューします。

G502 X PLUSは、ゲーミングマウスとしてこれまで圧倒的人気を誇ってきたG502のリニューアルモデルです。

G502シリーズの伝統を踏襲しつつ、ハイブリッドスイッチ、LIGHTSPEEDワイヤレス、HERO 25Kセンサーなど、ロジクールの最先端技術を集結させたゲーミングマウスに仕上がっています。

G502Xには、有線タイプ、無線タイプ、無線+RGBタイプの3種類が同時に発売されましたが、今回レビューするのは無線+RGBモデルのG502 X PLUSです。

どんなゲームにも使いたい万能なハイスペックマウスを探している方はぜひ読み進めてくださいね

あや

あや

よしぞー

よしぞー

性能も凄いけど、それ以上にフィット感と使い心地に感動したマウスだよ!

G502 X シリーズ3種類が発売

G502の後継モデルとして発売されたG502 Xシリーズは3種類です。それぞれの特徴を簡単に紹介すると、

  • G502 X PLUS
    無線+RGBライトモデル
    連続動作時間:130時間(RGBオン時は37時間)
    重量:106g
    ¥21,780(税込)
  • G502 X LIGHT SPEED
    無線モデルでRGBは無し
    連続動作時間:140時間
    重量:102g
    ¥19,360(税込)
  • G502 X
    有線タイプで無駄な機能を剥ぎ取った軽量モデル
    重量:89g
    ¥10,890(税込)
よしぞー

よしぞー

有線タイプのG502Xは、前モデルの121gから30g以上も軽量化されているから、有線でOKであれば一番インパクトが大きいよね!

無線が良くてRGB機能が必要なければ、2000円ほど安いG502 X LIGHT SPEEDの方がお買い得だし、動作時間も長いのね

あや

あや

今回レビューするのは、無線+RGBモデルであるG502 X PLUSとなります。

G502 X PLUSのスペック・デザインをレビュー

G502 X PLUSの詳細スペック・特徴、デザインを紹介していきます。

G502 X PLUSの詳細スペックと特徴

  • オプティカルとメカニカルの良いところ取り・ハイブリッドスイッチ「LIGHTFORCEスイッチ」を採用
  • センサー: HERO25K(解像度:100~25,600dpi)
  • 連続動作時間:130時間(RGBオン時は37時間)
  • G HUBソフトウェアによる調整・カスタマイズが可能
  • 有線より速いと言われる無線接続「LIGHTSPEEDワイヤレステクノロジー」に対応
  • 充電可能なマウスパッドPOWERPLAYに対応し、マウスパッドに置くだけで充電可能
  • LIGHTSYNC RGBによる美しいライティングが可能
  • 調節可能なDPIシフトボタン
  • 低摩擦PTFEフィートによる滑らかなマウスのすべりを実現
  • USB-C充電
  • 全長131.4mm、幅41.1mm、奥行き79.2mm、重量:106g
  • 保証:3年間無償保証

G502シリーズは幅広いゲームジャンルに対応するゲーミングマウスで、操作性と機能性を高いレベルで実現したシリーズです。

FPSもやりたいけどMMOも好き、ゲームごとにマウスを変えるのは現実的じゃないから、1台でどんなゲームにも対応できる優れたマウスが欲しいという方がターゲットです。

FPS/TPSに向けては、有線より速いと言われる「LIGHTSPEEDワイヤレステクノロジー」、「25,600dpiまで設定可能なHERO25K」、「クリックレスポンスの良いLIGHTFORCEスイッチ」など、瞬時な判断をダイレクトな操作に直結させる機能を搭載。

MMOなど機能性を必要とするゲーマーに対しては、握りやすいマウスデザインとともに、アクセスしやすい複数のボタン類によって十分に対応可能です。

よしぞー

よしぞー

G502 X PLUSはRGB機能も洗練されているから気持ちも上がる!

キラキラしてるの好きだもんね

あや

あや

同梱品とデザイン

続いては同梱品とデザインです。写真多めに紹介していきます。

本体パッケージ。パッケージに無駄なお金をかけない姿勢、個人的に大好きです!
ケース開封。G502 X PLUSが登場。この下にケーブル類やドキュメントが同梱されています。
本体以外に、Type-Cケーブル、USBドングル、DPIシフトボタンの機能を制限するブランクカバー、USBを延長する際に使用するコネクタが同梱されています。
ドキュメント類。セットアップガイド、保証書、シールなどが同梱されています。

続いて本体のデザインを紹介していきます。

本体真上からの構図
斜め後ろから
斜め左側からの構図。窪みのあるギザギザ部分に親指を配置しますがフィット感が心地よいです。
左真横から。5つのボタンが見えますが、左下の単体ボタンはDPIシフトボタンと言いボタンを押している時だけDPIを変更するというもの
正面からの構図
薬指・小指を配置する部分にも滑り止めが配置されています。
斜め右からの構図
背面。白い部分が低摩擦PTFEフィートでとても滑りの良い素材です。中央右側にあるスイッチが無線のオンオフ切り替えに使用します。充電できない環境にいるときはオフにしておけますね。
丸い部分は取り外せるようになっており、別売りPOWERPLAY用のモジュールに差し替える事が可能です。

POWERPLAYって?

あや

あや

よしぞー

よしぞー

POWERPLAYというのはマウスパッドが充電器になってて、マウスを置いておくだけで充電ができるよ!

パーツを取り外したところ。パーツの内側には空洞があり、ここに無線接続用のUSBドングルを収納することが可能です。
実際の重量は103.5gでした。今時のゲーミングマウスでは103.5gは軽い分類には入りませんが、たいていのゲームで重くてゲームができないと感じることはないはずです。FPS/TPSでも使えないことはありません。

RGBによるライティング

RGBによるライティングも紹介しておきます。

G502 X PLUSはLogicoolのG HUBというソフトウェアを使用することによってRGBを好みに応じて調整することができます。

プリセットで用意された効果を使うのもよいですし、フリースタイルで自分好みに設定して楽しむのも良いでしょう。

ゲーミングマウスっぽさが出てワクワクするね

あや

あや

以下、ライティングの効果をいくつか紹介します。

よしぞー

よしぞー

ちなみにRGBをOFFにすると、バッテリーの駆動時間が130時間まで伸ばすことができるよ

G502 X PLUSの使用感をレビュー

これまでG502 X PLUSの仕様や外観などを紹介してきました。スペックが凄いことは分かった、でも実際の使い心地はどうなの?と感じる方もいるでしょう。ここからは実際の使い心地についてレビューしていきます。

手にした時のフィット感が最高・くびれは正義!

とにかくスペックの高さばかり目立つマウスですが、使用して真っ先に驚いたのはマウスの握り心地です。

G502 Xの親指をアサインする場所にくびれがあります。

ここに親指を当てはめたときにのフィット感は素晴らしく、常に握っていたい感覚に陥ります。

また、くびれは親指の配置部分だけではありません。

人差し指を担当する左ボタン部分も浅くくびれており、指を配置したときの安心感につながります。

合わせて小指・薬指を配置する部分にはグリップ性の高い素材を配置しています。

小指・薬指を配置するマウス右側

親指・薬指・小指の3本指でしっかりとマウスを支えつつ、人差し指のホームポジションが用意されていることで、手の一部になったかのような安心感を味わえます。

ぱっと見は無骨な表情のゲーミングマウスなのに、実際に使うと優しさに溢れたマウスって感じね

あや

あや

G502 X PLUSの重量は公表値106g、実測103gですが、マウスのグリップ感・フィット感が高いことから重さを感じさせません。

白い部分が低摩擦PTFEフィート

また、G502 X PLUSの背面には低摩擦PTFEフィート(すべりの良い素材)が配置されいます。

この低摩擦PTFEフィートのマウスパッド上での滑りが素晴らしく、思いをダイレクトに操作に繋げると共に重さを感じさせない仕組みになっています。

スペック以上にフィット感と操作性に感動した!

あや

あや

なお私の環境でマウスパッドは、同じくロジクール社の G440t を愛用しています。G440tはハードタイプのマウスパッドで一般的なマウスパッドよりも滑りやすいのが特徴です。

G440tのマウスパッドを初めて使用した時は滑りすぎて上手くマウスを扱えずに驚きましたが、慣れると最強のアイテムになります。

G502 X PLUSをはじめロジクールの低摩擦PTFEフィートとG440tとの組み合わせは最強of最強の組み合わせだと勝手に思っています。

created by Rinker
Logicool G(ロジクール G)
¥3,100 (2022/12/09 09:35:44時点 Amazon調べ-詳細)

LIGHTFORCEスイッチのクリック感もエロい!

G502 X PLUSでは、オプティカルの速度とメカニカルの感触が結合されたハイブリッドなマウススイッチである、LIGHTFORCEが採用されています。

LIGHTFORCEの特徴は、メカニカルスイッチならではのクリックしたときの感触を踏襲しつつ、オプティカルスイッチの反応性の速さ(光の速さ)を組み合わせたこと。

正直、オプティカルの反応速度は体感できない(メカニカルでも十分に反応早いので一般的な人間では比較ができないと思います)のですが、クリック感は素晴らしいです。

左手前から、G502 X PLUS、PRO X、G600、G300S

ロジクールのマウスをいくつか並べてカチカチしてみました。やはりスイッチが異なるせいかクリックした印象は少しずつ異なります。

比較するとG502 X PLUSのストロークは若干深め、押し心地は中間、音は軽めでカチンの音の余韻が長い印象です。

よしぞー

よしぞー

完全に個人的な感想だから人によって感じ方は違うことはご了承ください!

ホイールの操作性を変えられるのが面白い

G502 X PLUSのホイールは「デュアルモード スクロールホイール」と呼ばれ、2パータンの回し心地で切り替えることが可能です。(ホイール真下のボタンを深く押すと切り替わる)

一つは一般的なマウスにある一定の間隔で抵抗圧を感じつつコロコロと回せるモード、もう一つは、全く抵抗圧がなくスルスルと回せるモードです。

抵抗を一定間隔で感じるモードだと繊細なホイール操作ができない!と感じる方にはスルスル回せるモードを体験してもらいたく、より正確に繊細にホイールコントロールが体験できます。

どっちが良い?

あや

あや

よしぞー

よしぞー

スルスルモードは遊びがなくミスもそのまま反映されちゃうから、個人的にはいつものコロコロモードが好きかな

スルスルとかコロコロと表現していますが、正式には 「ラチェットモード」 と 「フリースピンモード」 と言われてます。ラチェットモードは回すごとに一定間隔で抵抗が感じられるモードで、フリースピンモードはスクロール時の抵抗が一切ないモードです。

2パターンのDPI(感度)を瞬時に切り替えられるのが新鮮!

G5ボタンの左下に配置されているのがDPIシフトボタン

G502 X PLUSでは、DPIシフトボタンが親指のすぐに届く場所が配置されており、DPIシフトボタンをクリックすることで瞬時にDPI速度を切り替えることが可能です。

普段は2400、3200など早めの速度に設定、DPIシフトボタンでは800などに設定しておき、繊細なマウス操作をしたい時にDPIシフトボタンを押してゆっくりカーソルを動かすイメージです。

いろんな使い道があって面白そうね!

あや

あや

よしぞー

よしぞー

全く不要という方は、パーツを取り替えることによってDPIシフトボタンを無くすことも可能だよ

DPIシフトボタンは取り外して別のパーツに付け替えることが可能
パーツを取り替えた状態。この状態だとDPIシフトボタンを押すことはできない

USBドングル収納場所は違和感あり

G502 X は、背面の円状パーツを取り外すと穴が開いており、こちらにUSBドングルを収納することが可能です。

マウスを持ち歩かない方には不要な配慮ですが、持ち歩くユーザーにはありがたい配慮。

しかし、この収納場所のデザイン・形状に手抜き感があり、USBドングルの収まりが良くありません。

USBドングルをとりあえず収納することはできますが、中でガチャガチャと動いてしまいます。

ずいぶん細かいこと言うのね

あや

あや

よしぞー

よしぞー

同じくロジクールのゲーミングマウス「G PRO X」だと、ドングル収納場所はドングル形状に合わせてくり抜かれているんだ!

左がG502 Xのドングル収納箇所、右がG PRO Xのドングル収納箇所。PRO XはUSBドングルを差し込めるようになっている
USBドングルを入れた状態。G PRO Xは綺麗に収納でき中で揺れることもない。G502 Xはガチャガチャ揺れる。

自宅で使用している分にはUSBポートにドングル挿しっぱなしになるため、特に気にする必要はありませんが、G PRO Xの収納が秀逸すぎたため違和感を感じた部分でした。

まとめ・G502 Xはどんなゲームやユーザーに向いている?

G502 Xはゲーミングマウスの中でもあらゆるゲームジャンルに対応したマウスです。

もちろんFPS用に開発された超軽量マウスに重さで勝てませんし、MMO向けに開発された多ボンタンタイプのマウスにボタン数でも勝てません。

ただし、一定の軽さとボタン数からどんなゲームにも幅広く対応出来るのがG502 Xの特徴。

例えばAPEX やフォートナイトなど、軽量マウスが強いと言われているゲーム分野であっても、しゃがみなど右指キー操作の一部をマウスに割り当てることも可能です。

MMO等キー操作が必要なゲームでもよく使う操作を複数のボタンに割り当てられます。

一つのマウスでさまざまなジャンルのゲームを楽しみたい。そんな方にぜひお勧めしたいマウスですね!

G502 X PLUSは値段も高価ですが、もし無線にこだわらないのであれば、スペックはそのままに89グラムまで軽量化され、かつ10,890円(税込)で購入できるG502 Xもお勧めです。

Amazonでお得に買い物をする

Amazonで買い物するなら、Amazonギフト券の購入(チャージ)がポイントが付いておすすめです。

現金チャージすると、通常会員で2.0%、プライム会員なら最大2.5%ポイントをゲットできます!

定期的にAmazonでお買い物するならチャージをぜひ活用しましょう

▶Amazonギフト券の購入(チャージ)はこちらから可能です!

yoshizoo

yoshizoo

メタバース・ゲーム・音の世界で日々を暮らしています。このブログではメタバース・NFT、ゲーミング、音楽鑑賞・オーディオについて情報発信やレビューをしています。仮想通貨は投資目的よりNFTを購入するために少しずつ購入。

カテゴリー:
関連記事