Xbox Elite ワイヤレス コントローラー シリーズ2レビュー・魅力と不満点を解説!

5 min
Xbox Elite ワイヤレス コントローラー シリーズ2

Xbox Eliteワイヤレスコントローラー シリーズ2…通称エリコン2。

Xboxの純正コントローラーと言えば、昔からPCゲーマーに人気です。360コントローラーが最も人気ではありますが、初代エリコンを使っている人も大勢います。エリコン2も、発売してしばらくは品薄が続いており、なかなか買えないほどでした。

今では比較的落ち着いているので、Microsoftの公式通販、アマゾン・楽天などで買えます。

ただ、入手しやすくなったとしても、価格が高い! 自分に合うかどうかわからないと、手を出しにくいですよね。

そこで今回は、エリコン2の仕様と良い評判・不満点、実際に使ってみた感想を紹介しましょう。

created by Rinker
マイクロソフト
¥17,073 (2022/12/08 19:56:40時点 Amazon調べ-詳細)

Xbox Eliteワイヤレスコントローラー シリーズ2の仕様

  • 接続方式:無線・有線両対応
  • 連続使用時間:最大40時間
  • 振動:リアルトリガー・振動モーター付き
  • サウンド機能:3.5mmステレオヘッドセットジャック付き
  • ソフトウェア設定可能
  • 重量:約345g

他のコントローラーと比べて、本体が重いですね。純正コントローラーだと、たとえばDUAL SHOCK4は193gです。1.8倍ほどの重さがあります。PC用のゲームパッドもたいてい200g台です。

人によっては、手首が疲れることもあるでしょう。コントローラーを持った手を空中に浮かせているタイプの人は、特に注意した方が良いかもしれません。

基本スペックを見て、明らかに良いと感じるのは無線接続での連続使用時間です。ワイヤレスコントローラーは、長くても20時間くらいの連続使用時間になっていることがほとんど。相場の2倍もあることに驚かされます。

これだけあれば、平日仕事終わりと土日にプレイしても2週間くらいは充電せずに使えるでしょう。

Xbox Eliteワイヤレスコントローラー シリーズ2の良い感想と評判

エリコン2を実際に使って良いと感じたことはたくさんあります。合わせて、たくさんの良い評判が挙げられています。価格が高いだけのことはある、といったところでしょうか。自分に合うコントローラーかどうか見極めるために、まずは良いところを知って、自分が重視する部分と合致するかどうか確かめましょう。

カスタマイズ性が圧倒的に高い

エリコン2は、カスタマイズ性がとにかく高いです。

ハードウェアカスタマイズと、ソフトウェアカスタマイズの両方ができるようになっています。

まずは、ハードウェアについて説明しましょう。

付属のカスタマイズツールを使って、十字キーやスティックの交換や調整ができます。スティックは中心がくぼんでいて溝があるものや、中心がくぼんでいるけど溝がないもの、盛り上がっているものなど何種類も用意されているんです。何種類も細かく用意されているので、必ず自分好みのスティックが見つかるでしょう。

さらに、スティックのテンションを3段階で変更できます。スティックを外し、付属ツールで回すだけで変更可能。重めが良いか軽めが良いかは好みが大きく分かれるので、これを好きに調整できるのはありがたいですね。

そして、スイッチを切り替えるだけでトリガーのストロークを3段階で調節できます。

エリコン2はパラボラアンテナのような十字キーが特徴的ですが、通常の十字キーに交換することも可能ですよ。

次はソフト面よね

あや

あや

よしぞー

よしぞー

XboxアクセサリーというMicrosoftがPC向けに提供してるソフトを使うことで、カスタマイズできるんだ

ソフトウェアでは、キーの割当、シフトキーの登録、振動機能の調整、デッドゾーンの微調整とスティック感度調整ができます。

シフトキー登録は、シフトを押している間だけ違う機能を呼び出せるというものです。たとえばシフトを押しながらAを押したときだけ、方向キー下入力を行うということができるようになります。

これが特に利便性が高いです。

グリップ感が良い

エリコン2は、グリップ感が良いです。

まず、グリップ部分が長めになっています。手の大きさに関わらずしっかりと握ることができるので、保持力も高いです。そのうえ、ラバー風加工が施されています。プラスチック素材なのですが、ラバーのような滑り止め加工がされているんです。

これらによって、多少手汗をかいてもコントローラーの保持力が弱くなることはありません。

どうせならラバーにしてくれても良かったんだけどね

あや

あや

よしぞー

よしぞー

プラでもグリップが劣化したりする心配はないけど、残念に思う人もいるかもね

操作感が秀逸

エリコン2は、操作感がとても良いです。

まず、トリガー。シリーズ1は2段階調整でしたが、エリコン2は「超浅い」「浅い」「深い」の3段階になっています。これにより、好みの操作性を再現しやすくなったんです。特に秀逸なのは「超浅い」で、どれだけトリガーを押しまくっても指が疲れることがありません。

さらに、背面パドルも良いです。パッと見、グリップ部分にはみ出しているため暴発しやすいように思うかもしれません。実際、シリーズ1は長くて幅広なパドルだったために暴発があったのですが、エリコン2では少しだけ短くスリムになりました。

見た目にはそこまで大きな変化を感じにくいのですが、握っただけでは当たらないようになったうえに、押しやすくなっています。

スティックと十字キーもカスタマイズのおかげで、自分が好む操作感を徹底的に再現することが可能です。

操作性の良さは、カスタマイズの恩恵ね

あや

あや

よしぞー

よしぞー

そうなんだけど、もともとの操作性も良いのが秀逸なところかな

置くだけで充電ができる

エリコン2に付属してくる充電器は、置くだけで充電できるタイプです。

充電器をUSB Type-Cで電源タップ等に繋いで、充電器の上に本体を置くと充電がスタートします。充電器に完全に覆いかぶさるような形になるため、見た目には普通にコントローラーを置いているようにしか見えません。

充電器が見えないのは、インテリアによく馴染むのでありがたいですね。

全てを収納できるキャリングケースが付いてくる

エリコン2は高級感のあるパッケージを開けると、すぐにキャリーケースが出てきます。

最初から、この中に本体・充電器・カスタマイズ用パーツおよびツールが全て入っているんです。ツールやパーツを収納するところには溝がハッキリとあり、ツールケースのようになっています。

全てがピッタリハマるので、いつでも初期状態を同じように配置して持ち運ぶことが可能です。

これほど高クオリティなキャリングケースが付いてくるコントローラーは、なかなかないでしょう。

よしぞー

よしぞー

キャリングケースに入れたままでも充電が出来るよ!

キャリングケースから充電器にアクセスできる仕様になっていて、キャリングケースに入れたままでも充電することが可能です。

Xbox Eliteワイヤレスコントローラー シリーズ2の不満・注意点

エリコン2には良いところがたくさんあります。最も評価が高いのは、カスタマイズ性とそれによる操作性の高さです。ただし、いくつか注意点があります。今度は、そんなエリコン2に挙げられることのある不満や注意点んちういて紹介しましょう。

無線用のUSBドングルは付属しない

エリコン2には、無線用のUSBドングルが付属しません。

PCに備え付けられているBluetoothでの無線機能や、別途購入したUSBドングルを使って接続することになります。それ自体は珍しい話ではありません。

だけど、2万円くらいするならUSBドングルくらい付属して欲しかった

あや

あや

よしぞー

よしぞー

価格と実際とを比較したときに欲が出ちゃう感じね

これくらいの価格帯のコントローラーには、メーカー独自の無線を使用して遅延をより少なくしたUSBドングルなどが付属することがあります。それがないのが、不満の種になっているのかもしれません。

ただ、もともとはXbox Eliteというコンシューマー機器の純正コントローラーとして作られていることを考えれば、付属していないのも納得はできるのではないでしょうか。

コンシューマーは、外付けレシーバーを必要とせず、電源を入れただけでつなぐというスタイルが基本ですから。

初期不良報告が気になる

エリコン2は、初期不良報告を見かけるときがあります。特に発売当初のロットからはたくさん出てているようです。ABXYボタンが押したまま戻らない、反応しないという問題が多い傾向があります。

2021年12月現時点では少なくなっており、以前に比べて在庫も安定しています。

以前は初期不良で交換を求めても、「次のロットまで待ってください」と言われて数ヶ月待たされるような状況がありました。現在はそういうこともないので、以前と比較すると安心して買えるのではないでしょうか。

ハズレロットに当たらなくて良かったね

あや

あや

値段が高い

シンプルに、高級路線というところに不満を抱く人もいます。

純正コントローラーで、2万円ほどもするものは他にありませんから。たいていは、5000円程度です。それでも、ユーザーから「コントローラーは高い」と言われることがあります。

エリコン2はPC向けとしても作られているとはいえ、この価格ゆえに手が出せないという人も大勢いるようです。

大事なのはコスパでしょ?

あや

あや

よしぞー

よしぞー

コスパで考えると、決して悪くはないと思うよ

値段単体で見ると確かに高いですが、ハードウェアカスタマイズとソフトウェアカスタマイズ両方が可能な点、高級感のあるプロダクトづくりなどを考慮すると「相応の値段」といった印象があります。

ハードケースも充電器も付属しますし、これだけしっかりしていれば2万円出しても満足感はあるでしょう。

エリコン2は自分の好みに徹底的に合わせたい人におすすめ!

Xbox Elite ワイヤレス コントローラー シリーズ2

エリコン2はしっかりとした高級路線のコントローラーです。パッケージからすでに高級感があります。筐体の質感も高いです。ハードケースが付属したり、各部の作りがしっかりしていたり、所有しているだけで幸せな気分にさせてくれるでしょう。

そのうえ、徹底的に自分好みに合わせられるところが最大の魅力です。

値段は確かに高いですが、お金を貯めてでもこれを買っておけばゲームライフはより幸せになれるのではないでしょうか。

created by Rinker
マイクロソフト
¥17,073 (2022/12/08 19:56:40時点 Amazon調べ-詳細)

Amazonでお得に買い物をする

Amazonで買い物するなら、Amazonギフト券の購入(チャージ)がポイントが付いておすすめです。

現金チャージすると、通常会員で2.0%、プライム会員なら最大2.5%ポイントをゲットできます!

定期的にAmazonでお買い物するならチャージをぜひ活用しましょう

▶Amazonギフト券の購入(チャージ)はこちらから可能です!

yoshizoo

yoshizoo

メタバース・ゲーム・音の世界で日々を暮らしています。このブログではメタバース・NFT、ゲーミング、音楽鑑賞・オーディオについて情報発信やレビューをしています。仮想通貨は投資目的よりNFTを購入するために少しずつ購入。

関連記事