アマゾン ゲーミングPC・デバイス特集

フォートナイトにおすすめなゲームパッド5選! 快適なコントローラーの選び方とは?

8 min 138 views

フォートナイトをずっとコンシューマーでプレイしていた人や、キーボード・マウスの操作が苦手という人もいるでしょう。

長年ゲームをプレイしてきた歴戦のゲーマーは特に、コントローラー操作が身に染み付いていますから。

ただ、一般的にフォートナイトのようなシューター系のゲームはキーマウ操作のほうが有利だ、とされています。そんな中でしっかりビクロイを目指すのであれば、フォートナイトにも使いやすいゲームパッドを選ばないといけません。

そこで今回は、フォートナイトにおすすめなゲームパッドの選び方と、実際のおすすめ製品を紹介していきましょう。

フォートナイトに使いやすいゲームパッドの選び方

ゲームパッドは世の中に、たくさん出ています。家電量販店に行くと2000円台から有象無象のゲームパッドが並んでいますが、何でも良いわけではありません。そこでフォートナイトに使いやすいゲームパッドの選び方を、説明します。

接続方法をチェック

ゲームパッドは、大きく分けて有線と無線とがあります。無線の中には、USBレシーバータイプとBluetoothタイプとがあるんです。

有線のメリットは、遅延が起きないこと。フォートナイトのようなゲームでは、遅延は致命的になりかねません。そのため有線が有利ですが、実はプロでゲームパッドを使う人や、ゲームパッドでうまい人達は無線を使うケースが多いです。

無線のメリットは、ケーブルが無いことによる快適性。デスク上がケーブルでこんがらがることもなく、PCから離れてプレイしても引っ張られることがありません。

無線のデメリットは、有線に比べて遅延が起きやすいことです。

USBレシーバータイプは、比較的遅延が少なくなっています。中には、有線より早い通信方式もUSBレシーバータイプの中にはあり、一概に有線よりは遅延があるとも言えません。上級者が使うことが多いのは、このような低遅延の無線です。

Bluetoothは、どうしても遅延が発生してしまいます。そのため、ゲーミングデバイスにおいてはあまり好まれていません。

入力方式をチェック

数多のモデルの中から自分で選びたい人は、最初に入力方式をチェックしたほうが良いです。

ゲームパッドの入力方式は、「Direct Input」「XInput」の二種類あります。

Direct Inputは、旧式の入力方式です。ボタン配置、スティックの割当、振動機能が使えますし、決してこの方式が悪いというものではありません。

ただ、フォートナイトはX Inputでしか動かないので注意が必要です。入力方式としては、こちらのほうが最新のものになっています。最近のゲームは、X Inputのみ対応ということが多いです。

また、PS4のコントローラーやSwitchのプロコンなども、場合によってはPC版でも使えることがあります。

ボタンの押し心地をチェック

ボタンの押し心地も、しっかりチェックしましょう。

ゲームパッドのボタンの押し心地は、モデルによって千差万別です。安物だとスカスカな押し心地で、正直全く気持ちよく無いというものもあります。そのうえ、そういったスカスカな押し心地だと操作ミスしやすかったりするんです。

好みにもよりますが、少なくともしっかりとした押し心地のあるものを選んだほうが良いでしょう。

機能をチェック

ゲームパッドには、さまざまな機能を備えたモデルがあります。

わかりやすいのが、連射ですね。ボタンの連続押しがしやすくなったり、押しっぱなしにしているのを連射扱いにしてくれたりします。

この連射機能は、あれば他のゲームで役立ちますし、高価なモデルにはたいてい入っていますが、フォートナイトには不要です。使いみちがありませんから。

ただ、他にフォートナイトに使えそうな機能が搭載されているかもしれません。「どうせ機能なんて使わないだろう」とたかをくくらず、チェックすることをおすすめします。

設定の幅広さをチェック

ゲームパッドによっては、専用ソフトを使って各種ボタンの割当ができるものがあります。キー配置なんてゲーム側でもできる、と思うかもしれません。確かにそうですが、パッド側で調整できるほうが色々と便利です。

また、モデルによってはマクロ機能やスティック感度の調整ができる機能を搭載しているケースもあります。

コマンド入力をボタンひとつで行えるので、非常に楽になりますよ。フォートナイトでは使う機会が多くはないでしょうが、さまざまなゲームを快適にプレイしたいならマクロ機能の有無もチェックしておきましょう。

スティック感度調整の方は、フォートナイトのエイムに役立ちます。あれば嬉しいですが、一気に価格帯が跳ね上がるので注意が必要です。

形状をチェック

形状は似たりよったりではありますが、細かい部分が違います。

多くのゲームパッドは、ゲーム機のコントローラーをモチーフにしているんです。PS4向けのプロコンとして出されているものは、PS4の純正コントローラーのデザイン・形状を意識していることが多い傾向があります。

もちろん、最初からPC向けだったり複数機種に向けているものだったり、例外もありますよ。

基本的には、自分が慣れ親しんでいる形状のものを選ぶと良いでしょう。

ただ、どんな形もいずれ慣れるということを考えると、これまで触ってきたコントローラーの形状に固執する必要はあまりありません。

丸みを帯びていて持ちやすいもの、グリップ部分が長いもの、少し角ばっているもの…。しっかりホールド感のある形状を選びましょう。

フォートナイト側でやっておきたいコントローラー設定

フォートナイトをゲームパッドで快適にプレイするなら、設定もしっかり行うことをおすすめします。

おすすめなのが、ビルダープロの設定です。

ビルダープロは、建築を切り替える動作を省いてくれるボタン配置。建築ピースを選択することなく、L1・L2、R1/R2で壁・床・階段・屋根を作ることができます。切替時の選択ミスが防げるうえに、ゲームパッドで扱いやすい設定です。

初心者向けの設定と言われることがありますが、それはキーマウ操作だけの話。ビルダープロ設定だからといって界隈から馬鹿にされたりすることは、ゲームパッド使いなら無いでしょう。むしろスタンダードで使っている方が「え!?」と、驚かれるかもしれません。

また、感度設定もしておきましょう。

たいていのプレイヤーは、建築時・編集時の感度を通常時より高く設定しています。うまい人の動画で、建築時の視点移動がすごく素早いということが多いのはそのためです。このほうが建築時の安全性が増します。

通常時はあまり高くはしない人が多いですが、ここは正直好みです。自分がエイムしやすいような感度に設定しておくことをおすすめします。まだわからないという場合は、低感度と高感度で試してみて、どちらの方がしっくりきたのかを比較するとわかりやすいでしょう。

フォートナイトにおすすめなゲームパッド5選

選ぶ時のポイントを説明したところで、実際にフォートナイトに使いやすいおすすめゲームパッドを5つ紹介します。1万円未満から数万円まで幅広い価格のモデルがありますが、安くても良いものもあれば高くても微妙なものもあるんです。安いモデル、高いモデルの中からそれぞれハイクオリティなものを紹介していきます。

SteelSeries Stratus Duo 69075

接続方式はBluetooth、有線とUSB無線と3種類に対応しています。Androidにも繋げられるので、BluetoothはAndroidデバイス用ですね。PCだと有線またはUSB無線になるでしょう。

形状は丸みを帯びており、PS4よりはXbox寄りです。スティック形状などはPS4に近く、ハイブリッド的デザインになっています。多くの人にとって慣れ親しみやすい形にしたのでしょう。

スティックは基本平らで、中心が少しくぼんでいます。中心のくぼみに指の平がフィットするように作られており、とても使いやすいです。カバーの縁には溝があり、これが滑り止めになってくれています。

グッと大胆に動かしても指が滑らず、ピタッと止めやすいです。クリアリングエイムもしやすく、フォートナイトなどのシューター系にはぴったりですよ。

ボタンに関しては、若干反発が弱いです。疲れにくいというメリットはありますが、人によってはもう少ししっかりとした反発が欲しいと思うこともあるかもしれません。

特にトリガーは軽く力を入れただけで押し込めるので、慣れるまでは操作ミスも誘発しやすいでしょう。PS4も軽めなので、PS4に長い間親しんできた人には使いやすいですよ。

ソフトを使ったPC上での設定は、できません。ゲーム側でキーコンフィグと感度設定をするしかないので、気をつけましょう。

バッテリーは連続使用時間約20時間となっています。そこまで大容量バッテリーというわけではないものの、有線でもプレイ可能なのであまり気にはならないでしょう。

価格はAmazonで約7700円です。

SCUF INFINITY PRO

スカフは、世界中で人気のあるゲームパッドです。4PSと、PS4対応という点をアピールしている商品ですが、PCでも使えます。

握りやすいグリップ形状に加え、独特な溝とくぼみが付いた指にフィットするうえに滑りにくいスティックが魅力的です。背面にはパドルが付いており、これが非常に押しやすくなっています。しっかり握っても当たることがないものの、使いたい時にはすぐ押せるような位置についているんです。

さらに、EMR(リマッピング)機能があります。「EMR MAG KEY」というマグネットを背面に取り付け、パドルを押しながらボタンを押すだけで、パドルに各ボタンの機能を割り当てることが可能です。

このパドルにジャンプを割り当てれば、ジャンプエイムもしやすくなります。

フォートナイトではプロ選手も使っているほど、おすすめしやすいゲームパッドです。

価格は高く感じるかもしれませんが、これだけの機能が盛り込まれた高性能ゲームパッドの中では安い方だと言えます。

また、公式ページから購入すればカスタマイズが可能です。Amazonの並行輸入品等では品薄になりやすく価格も高いということもあり、公式から買うことをおすすめします。

公式で何のカスタマイズもしていない状態だと、139.99ドルです。

日本円にして、約1万5500円となっています。Amazonだとカスタマイズせずともパドル2個+EMR MAG KEY付きで買えるのが魅力ですが、当たり前に3万円を超えてくるんです。

同様の設定にしても、公式だと3万円もいきません。EMRは約1600円で付けることができますし、パドルもデフォルトで2つですから。

RAZER WOLVERINE V2

RAZER WOLVERINE V2の接続方法は、有線です。Xbox向けに開発されていますが、PCでも快適に動作します。スティック配置は横一直線に並ぶPS4的なものではなく、プロコンやXboxコントローラー特有の斜めタイプです。右スティックの左側には、十字キーが付いています。

RAZER WOLVERINE V2の魅力は、なんと言っても応答速度です。ボタンはタクタイル感のある心地よい押し心地になっていて、作動距離はなんと0.65mmとなっています。メカニカルキーボードのキーのような感覚で押せるうえ、入力速度がとても早いです。

フォートナイトは応答速度で生死が分かれることもあるので、早いのはありがたいですよね。

さらに、トリガーにはスライドロックがあります。これをアクティブに切り替えることで、トリガーの移動距離が短縮されるんです。つまり、軽く推すだけでも入力判定してくれるということ。

そして、Xboxアプリ(Razer Controller Setup)をWindows Storeからインストールして使うことで、幅広いカスタマイズができます。ボタンの割当、トリガー感度、左右スティックのデッドゾーンなどかなり細いです。

グリップは人間工学に基づいたL字型となっており、これも魅力のひとつ。しかもラバーグリップを採用しているため、滑りにくいです。ゲームをしていて手汗をかく人でも安心ですよ。

価格は、Amazonで1万3000円程度です。

ASTRO Gaming C40TR

ASTRO Gaming C40TRは、PS4とPCでのFPSプレイ向けに作られたゲームパッドです。USBレシーバーによる、高速無線通信ができます。遅延はほとんどなく、フォートナイトでも安心して使うことができますよ。USBケーブルも付属するので、有線接続も可能です。

スティックは、さまざまなタイプのものが付属します。

くぼみが無く短いスティックが2つと、くぼみが無く長いのが1つ、くぼみがあり長いのが1つです。くぼみがある方がフィットしやすくなりますが、人によってはくぼみ無しのほうが使いやすく感じるでしょう。

前面ボタン配置はPS4の純正と同じです。背面にはパドルが2つ付いており、PCを使わずボタンを割り当てられるプログラムボタンも付いています。

プログラムボタンを振動するまで長押しし、割当を変更したいボタンを押し、そのボタンに割り当てたい機能のあるボタンを押すと設定完了です。

パドルにXボタンを割り当てるときは、パドルを押してからXボタンを押します。

もちろん、ASTRO公式サイト経由で専用ソフトをダウンロードすれば、PC上でより細い設定が可能です。

ボタンの割当、スティックの感度調整、トリガーの反応点調整、振動機能・ライトなど設定の幅広さは随一だと言えるでしょう。特に感度と反応点の調整は勝率にも関わってくるので、しっかり設定しておくことをおすすめします。

さらに、スティックと十字キーとを物理的に配置しなおすことが可能です。

カバーを外し、スティックと十字キーを取り外します。これは付属のねじ回しでネジを緩めることで、簡単に外せますよ。あとは、好きな配置にしてカバーを付けたら終わりです。よくあるプロコンのように、十字キーを右スティックの左に設置することもできます。

配置を変更したら背面にあるリセットボタンを押しましょう。押さないと誤作動を起こします。

ボタンの押し心地もよく、クリアリングエイムなどもしやすく、ジャンプエイムのブレもパドルを使えば軽減可能です。FPS向けに作られていることもあり、フォートナイトでも実力を遺憾なく発揮できます。

価格は定価でも3万円です。2021年8月現在品薄なので定価で買うなら待つ必要がありますが、待てるという人にはおすすめですよ。

created by Rinker
ASTRO Gaming(アストロ ゲーミング)
¥64,800 (2021/09/21 12:51:22時点 Amazon調べ-詳細)

NACON Unlimited Pro V3

NACONのプロコンは、とても入手しやすいです。売っている実店舗も多く、PS4の公式ページでも紹介されています。PS4の正規プロコンのような扱いですが、PCで使うことも可能です。

接続は有線とUSBレシーバー無線との2種類あります。

特徴的なのは、背面にあるSボタンというものです。これがグリップ裏面左右に2つずつ、合計4つ付いています。好きなボタンを割り当てることができ、パドルのように使うことが可能です。

ボタンの押し心地は純正に近いものの、LRがカチカチというタクタイル感のある押し心地になっている点が異なります。

前面キー配置は、Xboxに近いです。ゲームパッド・プロコンではスタンダードな配置だと言えます。

さらに、付属品が豪華です。くぼみのあるスティックと、丸形のスティックとが二つずつ付いています。

そのうえ、錘とスティックシャフトを付属しているんです。スティックシャフトを入れ替えることにより、スティックの最大傾斜角を調整することができます。高感度ですぐ止まるようにしたり、低感度で大きく動かすようにしたりフォートナイトやTPS・FPS向けの調整がしやすいです。

PCに接続している際、キーマッピングの変更もできます。

機能・性能が高く、付属品も豪華で価格はAmazonで2万4000円です。

コントローラーで勝ちたいならしっかりこだわって選ぼう!

フォートナイトはSwitch、PS4、PCでもコントローラーでプレイすることができます。一般的にはキーマウ操作のほうが有利とされているものの、プロ選手の中にもゲームパッド勢がいるということは、ゲームパッドで有利に戦うことも可能だということです。

ただ、ゲームパッドはキーボード以上に玉石混交。

ゲームパッドで勝ちたいなら、フォートナイトに適したものをしっかりこだわって選びましょう!

関連記事