SCUF REFLEX FPSレビュー! PS5最強コントローラー? おすすめポイント・使用感を解説

7 min
SCUF REFLEX FPS

SCUF REFLEX FPSは、PS5向け用として登場したゲーミングコントローラー、プロ仕様のゲーム用コントローラーとして人気のあるSCUFの中では新しいモデルです。PCゲームにも使用することができます。

SCUFのコントローラーはどのモデルも高級志向で、万人向けではないもののコアなファンが多い傾向があります。

ただ、高級であればあるほど期待値も高くなるものです。「この値段なら当然この機能はあるでしょ?」と見る目も厳しくなりますし、機能・使い勝手などがより気になってしまいますよね。

そこで今回は、SCUF REFLEX FPSのスペック、おすすめポイント、使用感についてレビューしていきます。

SCUF REFLEX FPSとは?

SCUFのPS5用コントローラーREFLEXシリーズには3種類のモデルがあり、それぞれが特徴を持っています。

SCUF REFLEX PROSCUF REFLEX FPSSCUF REFLEX
価格$229.99$259.99$199.99
再マッピング可能パドル
高性能グリップ×
アダプティブトリガー×
インスタントトリガーとバンパー××
交換可能サムスティック
Bluetooth接続
振動モジュール×
消音ボタン
オンボードプロファイル
USB-C
カスタマイズ

FPSモデルが一番高いのね

あや

あや

よしぞー

よしぞー

他には無いこだわりがあるのがFPSモデルだよ

FPSモデルは高性能グリップを兼ね備えるとともに、反応速度の早いインスタントトリガーを搭載、併せて振動機能を削除することで軽量化されてます。

なお、REFLEX全てにおいて、接続方法は有線と無線両方に対応しています。

ただ、2.4GHz通信ではなくBluetoothなので、ケーブルが許容できる方は有線の方がおすすめです。Bluetoothで競技系のゲームをすると、ラグが気になるという人もいますから。

機能は、とても豊富です。コントローラーでありながら、マイクのオンオフ切り替えができます。手をあげてヘッドセットのミュートボタンを押したり設定をいじったりする必要もなく、手元でオンオフできるので便利です。

SCUF REFLEX FPSのおすすめポイントをレビュー

SCUF REFLEX FPSは機能が豊富で特徴的なコントローラーです。魅力も、たくさんあります。そんなSCUF REFLEX FPSのおすすめポイントについて、レビューしていきましょう。

シックでかっこいいデザイン

PS5コントローラーであるデュアルセンスを踏襲したデザインですが、デュアルセンスにはない高級感があります。

フロントパネルやボタンなどの色・デザインを変えることができますが、デフォルトの状態ではブラック・グレーの組み合わせです。ボタンは黒、余計な文字などもなく、シンプルで良いデザインになっています。

このデザインがとても好きだという人は多くても、嫌いだという人はあまりいないのではないでしょうか。

地味に嬉しいポイントは、ブランドロゴが控えめなところです。左手に持つ部分に「SCUF」と小さく入っている他には、電池パックの蓋にロゴマークがあるのみとなっています。メーカーロゴの自己主張を嫌うガジェット好きにも、とてもおすすめです。

カスタム可能な背面ボタンを4つ搭載

SCUF REFLEX FPSには、背面ボタンが4つ搭載されています。

外側にはパドル式の物が左右1つずつ、内側にはボタン式の物が左右1つずつという形です。パドル式のボタンは、中指に沿うような配置になっています。

この背面ボタンは、自由にカスタム可能です。

さらに、プリセットを3つまで登録できます。

切り替えもボタンひとつでできますし、LEDの色でどの設定を使っているかわかるので便利です。

どういう風に使うの?

あや

あや

よしぞー

よしぞー

ゲームのジャンルごとに分ける人が多いね。色とジャンルの対応だけ覚えておけば楽だよ

応答速度の速いインスタントトリガーとバンパーが装備

SCUF REFLEX FPSには、REFLEXやREFLEXに装備されているアダプティブトリガーではなく、インスタントトリガーとバンパーが標準装備されています。

このトリガーとバンパーはマウスをクリックするようなカチカチっとした押し心地であるとともに、応答するまでのストロークが短く瞬時な操作が可能です。

すごく良さそうだけどデメリットは?

あや

あや

よしぞー

よしぞー

反応が1・0でしかなくなるから銃を撃つなどの操作には向くけど、トリガーでの微調整が必要な操作はできなくなるよ

トリガーの種類は公式サイトで購入する際はカスタマイズページで選ぶことが可能です

振動モジュールが省かれ軽量化に貢献されている

ゲームの没頭感を表現する代表的な機能として振動機能がありますが、SCUF REFLEX FPSには振動機能が省かれており、その分大幅に軽量化に成功しています。

上の写真はPS5純正のデュアルセンスとSCUF REFLEX FPSの重量比較ですが、約50g軽くなっていることが伝わります。

FPSのような繊細な操作を求められるゲームでは振動機能はかえって邪魔となるケースもあります。

また、50gの差は体感的にも軽く感じられますので、長時間楽しむゲーマーには嬉しい調整です。

振動モジュールは公式サイトで購入する際はカスタマイズページで選ぶことが可能

スティック・カーソルを取り替えられる

SCUF REFLEX FPSには、取替用のスティックが付属します。

注文時にカスタマイズできるだけでなく、こうしてある程度は付属してくれるのが嬉しいところです。スティックは形状によって、合う・合わないがあります。自分に合うスティックに変えることができるのは、非常に便利です。

さらに、注文時にカーソルを変えなくても別途・カスタマイズ用のカーソルを買えば、取り替えることができます。

やっぱり自分には合わなかった、となっても安心です。

しっかりとしたグリップを搭載している

SCUF REFLEX FPSのグリップは、とてもしっかりしています。

このグリップが高性能グリップと言われているパーツで、FPSとPROに標準装備、オーソドックスなREFLEXには装備されていません。

グリップの種類は公式サイトで購入する際はカスタマイズページで選ぶことが可能

高性能グリップは、裏面から側面にかけてのみ付いている形です。コントローラーを支える小指、お姉さん指が触れる部分がラバーのような質感で吸着力がある素材になっています。

このグリップのおかげで全面にグリップがあるコントローラーと変わらないグリップ性能があります。それどころか、一般的なグリップよりも性能が高いです。

先端にかけて、緩やかにグリップの突起が大きくなります。手汗をかいても滑らないので、安心です。

注文時に自分で配色を設定できる

SCUF REFLEX FPSは、公式ショップから注文する際、自分で配色を設定できます。

フェイスプレートの色を9種類から選択可能。単色ではなくデザインを施したい場合も30種類近くから選択できます。迷彩柄、和風、宇宙柄など幅が広いです。

さまざまなデザインから好みをチョイスすることも可能

フェイスプレートだけでなく、ボタンの色も設定できます。基本的にボタン全体は黒なのですが、文字の色をグレー、赤、オレンジなど変えることが可能です。

スティック底面の色・デザイン、カーソルボタンの形式など設定項目は多岐にわたります。全設定項目は、以下の通りです。

  • フェイスプレート
  • ボタン
  • 左右スティック
  • 左右リング
  • カーソルボタン
  • R1/L1ボタン
  • トリガー
  • グリップ

デザインを完全に好みに変えられるのね

あや

あや

よしぞー

よしぞー

カスタマイズすればするほど高くはなるけど、自分だけのお気に入りを作れるのは魅力的だよね

ただし、パーツを選ぶには少額ずつですが別途コストがかかります。気づけば大幅なコストアップにつながっていたというケースもありますので、お財布と相談しながらチョイスしていきましょう。

よしぞー

よしぞー

購入したのがオーソドックスな色味になったのは予算の関係からだよ・・・

円安状況もあり、とにかく高い

SCUF REFLEX FPSはもちろんですが、SCUFのコントローラーを購入する際に頭を抱えるのが値段です。

FPSをAmazonで購入すると現在6万円オーバーの価格です。

SCUF(スカフ) リフレックス FPS対応 ブラック REFLEX PS5 コントローラー 日本語説明書付き
SCUF Gaming

PS5本体より高い!

あや

あや

SCUFは元々高価なコントローラーですが、円安影響によって価格が跳ね上がってしまっています。

よしぞー

よしぞー

Amazonだと販売している業者の利益も乗っちゃってるからね

できるだけ安価に購入する方法としては、SCUF公式サイトで直接オーダーし、海外から発送してもらう方法があります。

公式サイトで購入する場合は、下記のようなコストが掛かってきますので、注意しましょう。

  • SCUF REFLEX FPSの価格($259.99)
    ※カスタマイズの場合は$269.96からスタート
  • 追加のカスタマイズ料金(0〜$150程度)
  • ADD PLAYER PACKの有無($34.99)
  • Shipping (Standard)(送料)($15.99)
フルでカスタマイズすると400ドルを超える

2022年7月20日現在、1ドル138円なので日本円で計算すると56,300円程度の価格です。

フルカスタマイズしてもAmazonと比べて安いとはいえ、それなりの価格になります。

めちゃくちゃ高いね・・・
実際に購入したのはいくらかかった?

あや

あや

よしぞー

よしぞー

カラーのカスタマイズやPlayer Packを削って、$285.10(39,300円程度)かかったよ

USBケーブルがType-C

SCUF REFLEX FPSは、USBケーブルがType-Cです。

それってそんなに大事なの?

あや

あや

よしぞー

よしぞー

とても大事だよ。汎用性が高いからね

Type-Cであれば、スマホや他の機器の充電ケーブルと併用できます。付属のケーブルの長さが足りないと感じたとしても、所持している他のケーブルが使えるのはとても便利です。規格を統一したいという人にも、安心ですよ。

SCUF REFLEX FPSの使用感をレビュー

ここまで、SCUF INSTINCT PROのおすすめポイントについてレビューしてきました。カスタマイズ性に優れていて、機能も充実しているのが大きな魅力です。ただ、実際の使用感が気になる人も多いでしょう。そこで今度は、SCUF INSTINCT PROの使用感についてレビューしていきます。

操作感がとても良好でFPSやTPSに最高

SCUF REFLEX FPSの操作感は、とても良好です。要約すると、

  • グリップ感が強く安心してコントローラーを持つことができる
  • 振動モジュールを取り払い軽量化したことでとにかく軽い・長時間遊べる
  • スティックの操作がしやすくエイムもしやすい
  • トリガー・バンパーのクリック感が快適、瞬時の操作に対応できる

まず使い始めて真っ先に感じたのがグリップ感の良さです。

PS5純正のデュアルセンスも素材の細かなデザインで滑り止めを施してましたが、SCUF REFLEX FPSのラバー状のグリップと比較してしまうと雲泥の差です。

コントローラーを握らなくても手で支えるだけで吸い付くような感覚があり、安心して操作するとともに疲労の軽減にもつながります。

併せてデュアルセンスより50gほど軽量化されているため、長時間のプレイでもとても持ちやすいです。

操作感も申し分ありません。

スティックの操作がしやすく、エイムがしにくいということもありません。案外精密なエイムもしやすいように作られており、素早い操作も可能です。

背面ボタンは、外側のパドル式の部分はとても押しやすくなっています。

使い始めは誤爆することもあるものの、これは慣れ次第。すぐに誤爆しないようになります。

内側の方は少し指を伸ばす必要があるので、頻繁に使うような機能は割り当てにくい印象があります。

FPSモデルとして配置されているトリガー・バンパーも優秀です。

マウスをクリックするようなカチカチっとした感触であるとともに、ストロークも数ミリ程度で反応しますので銃を扱う際など小刻みに打ち続けられます。

よしぞー

よしぞー

押し込む必要がないので疲れづらいよ!

メンテナンスしやすい

SCUF REFLEX FPSは、とてもメンテナンスしやすいです。

フェイスプレートもスティックも取り外せるので、楽に掃除ができます。コントローラーは定期的に掃除しないと手垢・手汗でどんどん汚れるので、どのみちメンテナンスは必要です。

ただ、取り外しができないと掃除しにくいんですよね。特にスティックは、どうしても拭けない部分があったりします。

SCUF REFLEX FPSはそういうことがなく、取り外せば徹底的に掃除できるので便利です。

しっかり乾燥さえさせれば、フェイスプレートの丸洗いもできます。

よしぞー

よしぞー

スティックの取り外しは少し硬いから抜く時の覚悟が必要だよ

設定が簡単になった

SCUF REFLEX FPSは、過去のSCUFコントローラーに比べるとボタンの設定がとても簡単になりました。

過去のモデルは、マグネットを取り付けて設定する必要があります。設定の度にマグネットを付けるのは面倒ですし、マグネットが結構小さいので紛失する心配もありました。

一方、SCUF REFLEX FPSは背面のプロファイルボタンをLEDが点滅するまで長押しし、割り振りたいボタンを長押したまま使いたい背面ボタンを押すだけです。本体だけで設定ができるので、ストレスフリーになりました。

ということは、設定し直しとかも結構気軽にできるのね

あや

あや

よしぞー

よしぞー

割り振り成功・失敗もわかりやすいし、本当に便利だよ

前面に比べて背面の質感の安っぽさが気になる

SCUF REFLEX FPSは、前面はとても高級感があります。

フェイスプレートはマットな質感で、差し色の使い方も巧みです。色使いはカスタマイズによって変えることができますが、高級感は変わりません。

ただ、それに比べ背面は安っぽいです。プラスチック感満載で、つや消しなどもされていません。

軽量化を配慮した結果ということもありますし、背面は普段見る部分ではないのでそこまで気にならないかもしれませんが、どうせなら背面も価格帯に見合った高級感を感じる工夫を施してほしかったと感じます。

SCUF REFLEX FPSのレビューまとめ

SCUF REFLEX FPSは、高級コントローラーです。

それに見合うだけの機能は搭載されていますし、基本的な操作性もとても良好。高級でありながら多くの人におすすめできます。公式ショップからは細かいカスタマイズもできるので、予算に余裕があるならカスタマイズするのがおすすめです。

自分だけのコントローラーが欲しい人、高くても良いから確実に良いものが欲しい人におすすめですよ。

SCUF(スカフ) リフレックス FPS対応 ブラック REFLEX PS5 コントローラー 日本語説明書付き
SCUF Gaming

Amazonでお得に買い物をする

Amazonで買い物するなら、Amazonギフト券の購入(チャージ)がポイントが付いておすすめです。

現金チャージすると、通常会員で2.0%、プライム会員なら最大2.5%ポイントをゲットできます!

定期的にAmazonでお買い物するならチャージをぜひ活用しましょう

▶Amazonギフト券の購入(チャージ)はこちらから可能です!

yoshizoo

yoshizoo

メタバース・ゲーム・音の世界で日々を暮らしています。このブログではメタバース・NFT、ゲーミング、音楽鑑賞・オーディオについて情報発信やレビューをしています。仮想通貨は投資目的よりNFTを購入するために少しずつ購入。

関連記事