SHURE AONIC 215はゲーミングイヤホンとしても最適!おすすめポイント・使用感をレビュー

4 min

有線イヤホンで昔から定番のSHUREから発売されている、1万円台のイヤホンSHURE AONIC 215。

クリエイターなどが正確な音を聞くために使うモニターイヤホンですが、実はゲーム用としても定番のイヤホンです。1万円台という価格帯のちょうど良さと、モニターイヤホンならではの音が人気の理由。

この記事ではSHURE AONIC 215のスペック、おすすめポイント、使用感についてレビューしていきます。

SHURE AONIC 215のスペックをレビュー

  • タイプ:カナル型
  • 駆動方式:ダイナミック型
  • インピーダンス:17Ω
  • 再生周波数帯域:21~17.5kHz
  • 音圧感度:107dB
  • 接続方式:有線
  • リケーブル対応
  • マイクあり
  • リモコンあり

スペックとして特徴的なのは、再生周波数帯域です。同価格帯のイヤホンと比べると、若干狭くなっています。他のイヤホンでは、人間の限界可聴域とされる20Hz~20kHzになっていることが多いです。

どれくらい音に影響するんだろう?

あや

あや

よしぞー

よしぞー

そこはまた追々説明していくよ

良い点は、インピーダンスが控えめで幅広い機器に対応できるところ。たとえばゲーム用として人気のあるGSX1000などのゲーミングアンプとも相性が良いです。

他にも、マイクが搭載されていることもゲーム用として人気がある理由となっています。

SHURE AONIC 215のおすすめポイントをレビュー

SHURE AONIC 215は、一般的なゲーミングイヤホン・ヘッドセットと比べると変わったイヤホンです。どんなところがいいのか、ゲームには使えるのか気になる人もいるでしょう。そこで今度は、SHURE AONIC 215のおすすめポイントについてレビューしていきます。

極めて良好なフィット感

SHURE AONIC 215は、フィット感がとても良好です。

卵のように丸みのある形状のハウジングが、耳全体にフィットします。ピタッと耳に蓋をする感覚です。耳軟骨に当たる部分もあるのですが、イヤーピースに工夫があり接地しにくいようになっています。

よしぞー

よしぞー

耳にかぶせるひっかけ方をシュア掛けと呼ばれているよ

銃声が聞き取りやすい

ゲームでのSHURE AONIC 215の音の特徴としては、銃声が聞き取りやすいです。

GSX1000などのゲーミングアンプでゲーミングモードに設定すると、銃声が鮮明に聞こえます。銃声を聞き取るということに関しては、他の同価格帯のゲーミングヘッドセットよりも高性能です。

じゃあFPSとかで使いやすいのかな

あや

あや

よしぞー

よしぞー

FPSはもちろん、低~中音がよく鳴るゲームだと、演出がより臨場感があるように感じられるよ

幅広い用途で使える

SHURE AONIC 215は、幅広い用途で使えます。

元々イヤホンモニターなので、音を正確に聞きたいという用途でも使用可能です。クリエイターでも、最初のイヤホンモニターとしては優秀な部類になります。もちろん、より精度を求めると不満点も出てくるでしょう。

音楽鑑賞にも、使いやすいです。

特に中音がよく鳴るので、女性ボーカルの曲はボーカルの声がしっかりと聞こえてきます。

低音の鳴り方もとても良いです。

銃声や爆発音などがハッキリ聞こえるので、アクション映画との相性も抜群。戦闘シーンの多いアニメ映画でも、実力を発揮してくれます。

音の好みにもよりますが、ゲーミング製品を買うと「音楽鑑賞では好みではない」というようなことが起こることもあるのですが、この製品にはその心配があまりありません。

特にゲーミングヘッドホンで音楽を聞くと物足りない、好きじゃないという人には刺さりやすい製品です。

クリアカラーでかっこいい

デザイン面では、クリアカラーが特徴的。

近年あまり見ないわね

あや

あや

よしぞー

よしぞー

昔はスケルトンのガジェット多かったんだけどね。今でもコアなファンはいるから嬉しいと思う人も多いだろうね

クリアカラーで多色展開されており、完全なクリアからクリアブルーまであります。クリアブルーだと中の線などは目を凝らせば見えるという感じで、遠目から見ると少し透けている程度です。

万人受けしやすいのは、クリアブルーでしょう。

完全なクリアは、本当にコアなクリアカラーファン向けです。

見た目も可愛らしく、色も豊富で魅力的です。

SHURE AONIC 215の使用感をレビュー

SHURE AONIC 215はデザイン面・汎用性などに魅力がある、と語ってきました。ただ、実際の使用感や評判が気になるという人も多いでしょう。そこで今度は、SHURE AONIC 215の使用感・評判について紹介していきます。

遮音性が高くゲームや音楽に没入できる

SHURE AONIC 215は、遮音性がとても高いです。

まず、ハウジングの形状から耳への密着感が高くなっています。軟骨には接地せず密着感を高めているため、遮音性が高いのに不快感が全くありません。

イヤーピースはフォームタイプとソフトタイプとが付属しており、フォームタイプの遮音性が特に高いです。

どれくらい遮音してくれるの?

あや

あや

よしぞー

よしぞー

ノイズキャンセリングを使ったようなレベルの遮音性を感じるよ

より没入し、集中してゲームを楽しむことができます。

長時間着けていても痛くならない

SHURE AONIC 215の最も良いところは、長時間使っていても痛くならないところです。

イヤーフックが自由に変形できるので、耳の大きさ・位置に合わせて調整できます。そのため、誰でも快適に使えるんです。

メガネをかけて使う人の場合、特に「イヤホンを耳にかけると痛い」ということがあるでしょう。ヘッドホンでも同様の問題が起こることがあります。ところが、SHURE AONIC 215はメガネをかけて使っても痛くなりません。

フィット感が高く痛くならないゲーム用イヤホンが欲しい、という人には特におすすめです。

音場が狭く反響音が聞き取りにくい

SHURE AONIC 215は、音場が広いとは言えません。

再生周波数帯域が狭くなっていることが、原因。人間の限界可聴域は高音が20kHzです。これは理論的な限界可聴域であり、実際にはこれより高い音でも聞こえるという人もいます。

SHURE AONIC 215は高音が17.5kHzまでです。

つまり、超高音が出ないということ。

ゲームにおいては、反響音などが聞き取りにくくなっています。

また、音のまとまりが良いために分離感は弱めです。足音だけを聞き取りたい、というようなときに少し不便。

よしぞー

よしぞー

音場の狭さはハイクラスのイヤホンと比較した評価で一般的なゲーミングイヤホンであれば申し分ないスペックだよ!

ほとんどの人は17.5kHz以上の高音は聞き取れないもんね

あや

あや

リケーブルを楽しめる

SHURE AONIC 215は、リケーブルに対応しています。

リケーブルってなんだっけ?

あや

あや

よしぞー

よしぞー

ケーブルを色々付け替えられるってことだよ

これはゲーミングイヤホンとして使用するケースでは必要のない話ですが、音楽鑑賞用としてAONIC215を使用する際はリケーブル対応は喜ばしいことなのです。

1万円台のイヤホンであるため付属ケーブルに高いコストはかけられません。

リケーブルすることでよりAONIC215の良さを引き出すことができるということです。

とは言いつつ、ケーブルはコストをかけようとするとキリが無い部分です。高機能にするために、音に関してはある程度妥協したのかもしれませんね。

もちろん付属のケーブルでも十分ですし、マイクやリモコンも付いているためゲーミング用途としては付属ケーブルが最も使いやすいです。

ここに関しては人によって感じ方も違うので、実際に聞いてから判断しましょう。

よしぞー

よしぞー

イヤホンの世界、ケーブルにこだわると諭吉さんがどんどん消えていくので注意しようね

SHURE AONIC 215レビューまとめ

SHURE AONIC 215は、音楽鑑賞では音がとてもバランスよく聞こえます。男声・女声どちらも聞き取りやすく、Youtubeの配信を見るにも使いやすいです。

一方、ゲームでは銃声が妙に大きく聞こえるなどの特徴があります。

とにかく、「幅広い用途に使えて装着感が快適なイヤホン」を探している人にはベストな選択。

1万円前後までの予算でゲーミングイヤホンを検討するのであれば、ベタなゲーミングイヤホンよりAONIC215を検討することをお勧めします。

Amazonでお得に買い物をする

Amazonで買い物するなら、Amazonギフト券の購入(チャージ)がポイントが付いておすすめです。

現金チャージすると、通常会員で2.0%、プライム会員なら最大2.5%ポイントをゲットできます!

定期的にAmazonでお買い物するならチャージをぜひ活用しましょう

▶Amazonギフト券の購入(チャージ)はこちらから可能です!

yoshizoo

yoshizoo

メタバース・ゲーム・音の世界で日々を暮らしています。このブログではメタバース・NFT、ゲーミング、音楽鑑賞・オーディオについて情報発信やレビューをしています。仮想通貨は投資目的よりNFTを購入するために少しずつ購入。

関連記事