【楽天お買い物マラソン1/9スタート】事前エントリー受付中・ポイント最大43倍!

BIGBIG WON RAINBOWレビュー! 背面ホイールにスケルトンカラーで大興奮

6 min

BIGBIG WON RAINBOWは、最近注目されている面白いコントローラーです。

BIGBIGWONは、中国のゲーミングデバイスメーカー。RAINBOW以外にも、さまざまなコントローラーを出しています。ゲーセンのロボットゲームの筐体にあるようなデザインのゲーミングトリガーなどなど、どれも面白い製品ばかりです。

日本ではヨドバシカメラなどの大手量販店での販売がありますので安心です。

今回はそんなBIGBIG WON RAINBOWの仕様・特徴、良い評判と不満点、実際に使ってみた感想について紹介していきます。

BIGBIG WON RAINBOWスケルトンの基本的な仕様

  • 接続方法:有線接続
  • スティック配置:Xboxタイプ
  • ライティング機能搭載
  • 振動機能搭載
  • ジャイロ機能搭載
  • ターボ機能搭載
  • 専用設定アプリ有り
  • 重量:約226g

接続は、USBの有線接続です。付属のケーブルは、コントローラー側がMicro-USBで給電側がUSB Type-Aになっています。

コントローラー側がType-Cじゃないところは気になる人もいるかもしれませんが、充電して使う製品でもないので特に問題はありませんし、ケーブルを深く差して固定させるタイプになっています。

ゲームで熱くなって動きが激しくなり、ケーブルが外れてしまった・・・なんてトラブルにも安心です。

よしぞー

よしぞー

パッケージから出したとき、結束用のマジックテープバンドが付いてるのが地味に嬉しい

そのまま収納に使えるのが便利だよね

あや

あや

スティックのは位置は、Xboxタイプです。ボタンもSwitchとは「A」と「B」の位置が逆になっています。海外のゲームだとBで決定、Aでキャンセルということも多いのでこの配置が主流になってきているんですよね。

XboxコントローラーもABXYはこの配置なので、Xboxを触ったことがあれば違和感なく扱えるでしょう。

さらに、振動機能やジャイロ機能、ターボ機能などなど機能面が満載なのも良いですよね。

BIGBIG WON RAINBOW使って感じた良いポイント

BIGBIG WON RAINBOWの基本的な仕様を見てきました。機能が満載なところがわかりやすい魅力ではありますが、各機能がしっかり使えるとは限りません。そこで、BIGBIG WON RAINBOWを使用してみて良いと感じた感想を紹介していきます。

スケルトンで光るデザイン

商品画像を見ても、実物を見てもまっさきに目を引くのがデザインですよね。

完全にクリアカラーで、スケルトンになっています。ゲームのコントローラーの中には、クリアブラックなど「半透明」なカラーも少なからずあるんです。コンシューマーだと、Nintendo64のコントローラーなどにありましたね。

ただ、BIGBIG WON RAINBOWは、完全に透明です。

そのうえ、RGBライティング機能があります。RGBで好きな色に調整できますし、光りの強弱も設定できるんです。光り方も綺麗と評判。光らせることにより、内部機構がよりくっきりと浮き上がるのがかっこいいです。

しかも、トリガーを押したときにグリップ部分にある部品がくるくると回転する様を見ることもできます。プレイしているときには見えないかもしれませんが、こういうところが芸が細かくて良いですよね。

さらに、ロゴが本体中央部分の基盤に印字されています。筐体自体にロゴがあるのは「不要」と感じる人も多く、賛否が分かれがちです。基盤に印字しているため目立ちにくく、かといって存在感がなさ過ぎるわけでもなく、おしゃれに見えます。

光らせると、かなり映えそう

あや

あや

よしぞー

よしぞー

思わずSNSにアップしたくなるね

自由に割り当てられる背面ホイール

BIGBIG WON RAINBOWの最も面白いところが、背面ホイールボタンです。

背面にボタンを配置するのは、近年のPCとコントローラー界隈では主流になっています。比較的安価なコントローラーにも搭載しているモデルがたくさん出てきているんですが、ホイールボタンはかなり珍しいです。

レバーを倒すような感覚で、ホイールを各方向に倒すことによって、各方向に割り当てた機能が動作するようになっています。これにはマクロを組んで割り当てることができるので、ボタン配置の自由度はとても高いです。

たとえば格ゲーの簡単なコンボを登録しておいたり、FPSで難しいキャラコンを登録しておいたりすることもできます。

よしぞー

よしぞー

これがあると、よりゲームが快適になるからおすすめ!

勝ちやすくなりそうね

あや

あや

FNボタンで本体のみで各種設定ができる

背面ホイールの近く、背面の中心あたりにFNボタンが搭載されています。このボタンを使うことによって、背面ホイールボタンの設定や、ターボやライティングなどの設定ができるんです。専用設定ソフトも用意されていますが、本体だけでも各種設定ができるのは嬉しいですよね。

特にライティングの設定は、いちいちソフトを起動して変えるのが面倒です。気分によって「オフにしたいな」「もう一段回だけ弱くしたいな」ということがあるので、咄嗟に調整できるのは大きなメリットだと言えます。

本体では簡単な設定を行って、ソフトではより詳細な設定をするというのがおすすめ!

違和感なく快適な操作性

BIGBIG WON RAINBOWは、操作性が快適です。

Xboxのコントローラーとほとんど同じ操作感なので、Xboxコントローラーを使ったことがある人は特に違和感なく馴染めます。同じ操作感というのは配置だけでなく、ボタンの押し心地・硬さなども似ているということです。

SwitchとPC向けの製品なんですが、むしろ明らかにXboxに寄せて作られているのがわかります。PCゲーマーにはXboxコントローラーの人気が高いので、多くの人に違和感なく馴染めるように意識したのではないでしょうか。

スティックも中央部分が内側にくぼんでいて、指がしっかりフィットします。焦って操作してもずれることなく、快適にぐりぐりと動かせるのが良いところです。

スティックのデッドゾーンの調整ができる

BIGBIG WON RAINBOWは、スティックのデッドゾーンを調整できます。

デッドゾーンというのは、スティックの遊びの範囲です。調整することによって、スティックが反応する点が変わります。小さくすればするほど、スティックを少し動かしただけで反応するようになるんです。

一方大きくすればするほど、スティックを大きく倒さないと反応しないようになります。

正確なエイム捜査を必要とするゲームをプレイするなら、恩恵が大きい機能です。それなのに、デッドゾーンを調整できるコントローラーは意外と少ない傾向があります。

よしぞー

よしぞー

というか、サードパーティ製のコントローラーにはほとんどない気がする

かなりレアな機能なのね

あや

あや

右スティックをジャイロ感覚で操作できる

BIGBIG WON RAINBOWには通常のジャイロ機能もありますが、もう一つ面白いジャイロ的な機能があります。

それは、左スティックか右スティックの一方をジャイロ感覚で操作できるという機能です。これは、ジャイロに対応していないゲームでも使えます。スプラトゥーンのように、大胆かつ精密なジャイロエイムがどんなゲームでも可能です。スプラトゥーンでジャイロに慣れている人にとっては、嬉しい機能ではないでしょうか。

操作方法は簡単です。

コントローラーを左に倒せば、左が入力されます。右に倒せば右、奥に倒せば上、手前に倒せば下が入力されるんです。

また、レーシングゲームでステアリングを操作するような感覚でプレイしたりと、使い道はたくさんありますよ。

レースゲームはすっごく楽しそう!

あや

あや

よしぞー

よしぞー

実用性もあるし、没入感をアップするという目的でも使える面白い機能だよね

3.5㎜ジャックでイヤホン・ヘッドセットが繋げられる

本体下には、3.5mmジャックが配置されており、イヤホンやヘッドセットを繋ぐことが可能です。

PCやswitchなどから直接つなぐとケーブルの長さ的に違和感を生じるケースがありますが、コントローラーと繋げられる事で解消できますね。

専用ソフトで簡単に各種設定ができる

BIGBIG WON RAINBOWは、専用ソフトを使えば簡単に各種設定可能です。

ライティング、スティック感度、ジャイロの強弱、トリガーの反応点の深さなどなど…。それぞれ、とても自由に設定できるのが良いところです。

ライトはRGBで自由に色を作れますし、「常時点灯」「呼吸点灯」「グラデーション」と光り方を変えることもできます。呼吸点灯は、フェードイン・フェードアウトを繰り返すタイプです。グラデーションは、七色に光らせることができます。

しかも、左右同じ色で光らせるか、左右で違う色で光らせるかを選ぶことも可能です。

スティック感度も、すごく細かく設定できます。

また、プリセットとして名前をつけて設定を保存可能です。ゲームによって設定を変えることもできるので、とても便利ですよ。

ちなみに専用アプリはiOS、Androidで提供されており、アプリとの接続はBluetoothで繋ぎます。

BIGBIG WON RAINBOWを使って感じた不満・注意点

BIGBIG WON RAINBOWを使って感じた良いポイントについて語ってきました。機能が豊富かつどれも優秀で、ソフトでの設定も細かくできるのが大きな魅力です。ただし、不満点もあります。今度はそんな不満点や注意点について、紹介しましょう。

手汗のべたつきが少し気になる

BIGBIG WON RAINBOWは、全体的につるつるとしたプラスチック素材が使われています。全てスケスケという都合上、グリップ部分にラバーが貼られていたりすることもありません。

ということは手汗で滑る?

あや

あや

よしぞー

よしぞー

滑りは気にならないという人が多いんだけど…

手汗で滑るというよりも、べたつきが気になるという人が多いです。元がつるつるとしたプラ素材なので、べたつきがより目立ちやすいんでしょう。定期的にアルコールシートで拭くなどして、掃除する必要があります。

背面ホイールは慣れが必要

背面ホイールはとても便利なのですが、少し慣れが必要な面があります。

ホイールの位置ですが、コントローラーを握ったときに中指より上にくることが多いです。ホイールを使う場合、指を上に移動させる必要があります。これは咄嗟に押し間違えることがないのは良いのですが、素早く押すのに慣れが必要というデメリットもあるんです。

加えて、背面ホイールは「斜め上に倒す」「斜め下に引く」という操作になります。二段階で操作する必要があり、瞬間的に押したり連打したりという用途には苦労するでしょう。

ただ、慣れればとても便利です。ここは、要練習ですね。

NFCは非搭載

BIGBIG WON RAINBOWは、SwitchとPC向けのコントローラーです。

ただ、NFCは搭載していません。

NFC非搭載だとどうなるんだっけ?

あや

あや

よしぞー

よしぞー

amiiboとamiiboカードが使えなくなる

Switch対応ということで、amiiboを使いたいという人もいるでしょう。そういう人は、amiiboを使いたいゲームをプレイするときだけ違うコントローラーを用意する必要があります。公認ライセンス品のプロコンや純正コントローラーなら対応しているので、NFCを重視するならそっちを買うのも良いかもしれません。

BIGBIG WON RAINBOWは機能満載で扱いやすく楽しいコントローラー

BIGBIG WON RAINBOW最大の魅力は、機能がとても豊富でどれも優秀なことです。ジャイロに搭載していないゲームでもジャイロ感覚で操作できる機能があり、精度も十分。マクロが組める背面ホイールに、自由に設定できるライティングなどなど…。

それでいて扱いやすく、コントローラーとしての実用性が高いのも良いところです。

機能が豊富なコントローラーが欲しいという人には、とてもぴったりだと言えるのではないでしょうか。

関連記事