【Amazonブラックフライデー】年に一度の超ビックセール!11/26(金)9:00より7日間の開催

SHURE AONIC 215(Special Edition)の実力とは? 良い評判・不満点・使用感をレビュー!

5 min 41 views

SHUREは、有線イヤホンで昔から鉄板となっているブランドです。さまざまな価格のイヤホンがラインナップされていますが、今回紹介するのは1万円台で買える「ちょうどいい価格」のSHURE AONIC 215 Special Edition!

Special Editionと言いますが、基本的にはデフォルトのSHURE AONIC 215とあまり変わりがありません。

通常版が気になっている人にも、参考にしていただけると幸いです。

今回は、そんなSHURE AONIC 215のスペック、ネットに転がっている良い評判と不満点、実際の使用レビューを紹介しましょう。

SHURE AONIC 215 Special Editionのスペック

  • タイプ:カナル型
  • 駆動方式:ダイナミック型
  • インピーダンス:17Ω
  • 再生周波数帯域:21~17.5kHz
  • 音圧感度:107dB
  • 接続方式:有線
  • リケーブル対応
  • マイク有り
  • リモコン有り

スペックは1万円台のイヤホンとしては平均的かと思いきや、実はそうでもありません。

再生周波数帯域は、とても変わっています。これくらいの値段のイヤホンだと、たいてい再生周波数帯域は人間の可聴域限界程度になっているんです。20~20kHzですね。これくらい幅が広ければ、とりあえず理論上は人間が聞こえる範囲の音は出せるということになります。

ところが、AONIC215は、それより少し狭いです。

音にどういう影響を与えるんだろう?

あや

あや

よしぞー

よしぞー

それは追々見ていこう

さらに、マイクが付いています。付属ケーブルにはリモコンも付いているので、利便性は高いです。

リケーブル対応なので、デフォルトのケーブル以外も使えます。

SHURE AONIC 215 Special Editionの良い評判

SHURE AONIC 215 Special Editionのスペックを見てきました。再生周波数帯域の幅が、同価格帯の一般的なイヤホンよりも狭くなっているのがポイントです。今度は、AONIC215の良い評判を5つ紹介しましょう。

近頃珍しいクリアカラーがある

まずデザイン面ですが、近頃珍しくなってきているクリアカラーが用意されています。

Special Editionの場合は、クリアブルーです。通常版には、クリアブラックも透明なクリアもあります。こういう中の機械が見えるカラーリングは、一昔前にはたくさんありました。

ゲーム機もこういうカラーが多く、イヤホンやその他ガジェットでももてはやされていた印象があります。

今でも、クリアカラーには目がないという人は少なくありません。そんな人にとって、とても良い選択肢になるのではないでしょうか。

加えて、シンプルで可愛らしい見た目になっています。変わった凹凸などもありません。

文字はSHURE AONIC 215というブランド名が外側にあり、215という数字が内側にあります。ブランドロゴに関しては賛否両論が分かれるところですが、他にはほとんど自己主張しないデザインなのは良いところだと言えるのではないでしょうか。

かわいいよね

あや

あや

よしぞー

よしぞー

かわいいけど、クリアはかっこいい…良いバランスだと思う

すべての音が細かく綺麗に聞こえる

音に関して、悪い評判はほとんど聞きません。

SHUREは昔から音には定評があります。すべての音をしっかりと細かく鳴らしてくれるので、モニターイヤホンとしてとても使いやすいです。音の鳴り方も綺麗で、そつなくこなしている印象があります。

完全フラットというよりは、若干かまぼこ気味です。中低音に少し寄っており、高域はあまり主張しません。超高域はスペック通り、全く出ないといったところです。

ただ、この音場の狭さは音の濃密感にも繋がっています。音があまり広がらないからこそ、しっかりとした音が心地よく密度を伴って聞こえてくるのではないでしょうか。

エージング後には、高域と低域のバランスが良く、音抜けも良いという評価もあります。ある程度は、エージングが前提になっているのかもしれませんね。

分離感が良く適度に楽しい音

分離感に関しては賛否あるのですが、同価格帯のリスニングイヤホンと比べると、良い方だという認識が正しいかもしれません。違和感なくしっかりと音を聞き分けることができます。

特に低音はしっかり分離しており、リズム隊のノリが良いような曲を聞くと、とても楽しめるでしょう。

ただし、高級なモニターイヤホンと比べると、分離感はどうしても劣って聞こえてしまうかもしれません。

リスニング寄りのモニターイヤホンって感じ?

あや

あや

よしぞー

よしぞー

どちらかというと、モニター寄りのリスニングの方が正しい表現なのかも

イヤーピースの遮音性が高い

SHURE AONIC 215 Special Editionには、フォームタイプとソフトタイプのイヤーピースが付属します。ソフトは、内側が空洞になっているよくある形ですね。フォームは、スポンジのような素材で内側もしっかり詰まっています。

密度が高くて、耳の形に合わせて変形するのでつけ心地には定評があるんです。

このフォームタイプのイヤーピースが最初に取り付けられているのですが、このイヤーピースの遮音性が高いという評判が挙げられています。

前述の通り、密度が高いため音が逃げにくいのでしょう。そのうえ、音が内部に入り込みにくく感じられます。ノイズキャンセリングイヤホンではないものの、しっかりと音楽の世界に入り込むことができるのではないでしょうか。

ワイヤレスへのカスタマイズも可能

元々、AONIC 215は完全ワイヤレスモデルがありました。シェア掛けタイプのイヤーフックの部分に、ワイヤレスモジュールが搭載されているという形です。

つまり、どういうこと?

あや

あや

よしぞー

よしぞー

イヤーフックを他のリケーブルイヤホンにつけると、そのイヤホンがワイヤレス化するんだ

あらゆる有線イヤホンの筐体をワイヤレス化できることで人気がありましたが、現在は販売中止になっています。

しかし、そのワイヤレスモジュール部分だけは単体で売られているんです。

つまり、これを買えばAONIC215は有線・無線両対応イヤホンになるということですね。それどころか、他のリケーブル対応イヤホンもコネクタの規格さえ合えば、無線化できてしまいます。

有線でしっかりとした音質で楽しみたいときはケーブルを付け、無線で気軽に便利に楽しみたいときはワイヤレスモジュールを付けるという風に使い分けると、より利便性が高くなるでしょう。

さらに、このワイヤレスモジュールのイヤーフックは、とても装着感が良いんです。シェア掛けタイプでずれ落ちる心配もなく、耳を圧迫しすぎることもありません。

SHURE AONIC 215 Special Editionの不満点

SHURE AONIC 215 Special Editionの良い評判を紹介してきました。ただし、もちろんAONIC215も良いところばかりではありません。ネットでは、不満点がいくつか挙げられています。今度は、そんな不満点を紹介しましょう。

リケーブル前提に感じられてしまう

AONIC215の音は一定の評価を得ているのですが、一方で「リケーブル前提に感じる」という声もあります。

つまり、付属のケーブルではAONIC215の性能を十分に引き出せていないのではないか、ということです。付属ケーブルはリモコン機能があるなど便利ではありますが、この価格帯の付属品で高機能にしているということ自体に、不安があるかもしれません。

ケーブルは、コストをかけようと思うと案外キリが無い部分です。高機能にするためにコストを使うと、音に関してコストをかけにくくなるでしょう。

そういう都合もあって、付属ケーブルの性能が本体に合っていないのかもしれません。

ただ、ケーブルによる音の違いは、正直なところ人によって感じ方が大きく異なります。付属のケーブルでも不足感が無いという声もありますし、ケーブルに関しては実際に聞いてから判断した方が良いかもしれません。

いっぱいケーブル持ってる人なら、聞き分けるのも楽しそうね

あや

あや

よしぞー

よしぞー

持ってないなら、ケーブル沼の第一歩になるかも…?

音場が狭め

音場が狭いという点に不満を感じる人がいます。実際、スペックにもあったように音場は狭いです。

超高域に関しては全く出ませんから。全体的な音のバランスは良いのですが、もう少し音の広がりを感じたい、繊細な表現を感じ取りたいと考えるのも無理はないでしょう。

クリアカラーは人を選ぶ

クリアカラーをメリットとして語りましたが、実はデメリットにもなり得ます。クリアカラーは昔からそうなのですが、好きな人は熱狂的に好きだけど嫌いな人はとことん嫌いという、人を選ぶ傾向があるんです。

中身が見えているのが安っぽく感じられる、という人もいます。

クリア以外のカラーは、現状白一色です。クリアカラーはブラックにブルーにクリアにと色々種類があるのにも関わらず、Special Editionでも通常版でも非クリアは白のみ…。このカラバリに不公平感を抱く人も、いるかもしれませんね。

SHURE AONIC 215 Special Editionはモニター入門におすすめ!

SHURE AONIC215 Special Editionは、モニターイヤホンとしては聞きやすい部類です。ガチガチのモニターイヤホンというような製品は、長時間聞いていると疲れることもあります。一方AONIC215はリスニング寄りな音質傾向があるため、聞き疲れもありません。

音場は狭いものの、低音と中音域を主体とした曲との相性は良いです。音が綺麗というところからも、シティポップなんかとは特に相性が良いでしょう。いわゆる「エモい曲」をよりエモく聞きたいという人にはぴったりですよ。

モニターイヤホンの入門としても、使いやすいのではないでしょうか。

Amazonでお得に買い物をする

Amazonで買い物するなら、Amazonギフト券の購入(チャージ)がポイントが付いておすすめです。

現金チャージすると、通常会員で2.0%、プライム会員なら最大2.5%ポイントをゲットできます!

定期的にAmazonでお買い物するならチャージをぜひ活用しましょう

▶Amazonギフト券の購入(チャージ)はこちらから可能です!

yoshizoo

yoshizoo

下手だからこそ、こだわりたい。
上手くいかない理由はデバイスのせいと限られたお小遣いの中で様々なゲーミングデバイスを楽しんでいます。

カテゴリー:
関連記事