飛行機内で使えるワイヤレスイヤホンおすすめ8選!音質が良いモデルを厳選紹介

8 min

飛行機に乗っているときは、暇な時間が多いものです。席にモニターがあり簡単なゲームができたり映画が見られたりはしますが、スマホで慣れ親しんだ音楽を聴くのも楽しい経験になります。

ただ、飛行機でワイヤレスイヤホンが使えるかどうか、どんなイヤホンがいいかなどが気になる方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、飛行機内のワイヤレスイヤホンの持ち込みルールと注意点、音質が良いおすすめワイヤレスイヤホンについて紹介していきます。

飛行機内でのワイヤレスイヤホンの持ち込みは可能?

飛行機内で電子機器を使いたいとき、気になるのは持ち込み可能かどうか。飛行機内での電子機器の持ち込みと利用には、さまざまなルールがあります。そこでまずは、飛行機内でのワイヤレスイヤホンの持ち込みに関するルールを解説しましょう。

法改正で持ち込み可能になった

数年前までは、飛行機内でのBluetooth機器の持ち込みはOKでしたが、利用は不可能というルールでした。

各社の規定ではなく航空法によって禁止されていたため、どの飛行機でも同様です。ワイヤレスイヤホンだけでなく、スマホ、タブレット、ゲーム機などあらゆる電子機器が禁止されていました。

ただ、2014年9月から機内モードをオンにすることで使用可能に緩和。世界的な緩和の動きに合わせた形です。

ということはワイヤレスイヤホンも?

あや

あや

よしぞー

よしぞー

会社のルールはあるけど基本は使用可能だよ

しかし、現在も5Gや4Gなどモバイルデータ通信はできません。飛行機のドアが閉まってから、離陸後の滑走終了までは使えないので注意してください。

違反者には50万円以下の罰金が科せられることもあります。

機内でのワイヤレスイヤホン使用の各社のルール

ワイヤレスイヤホンは飛行機内でも使えますが、各社によってルールがあります。ワイヤレスイヤホンの使用タイミングについては、以下の通りです。

  • JAL:常時使用可能
  • ANA:常時使用可能
  • スカイマーク:常時使用可能
  • ピーチ:常時使用可能
  • ジェットスター:常時使用可能
  • エアアジア:常時使用可能
  • AIRDO:常時使用可能
  • ソラシドエア:常時使用可能
  • スターフライヤー:常時使用可能
  • ハワイアン航空:ノイズリダクション型には一部制限あり
  • タイ国際航空:一部行程を除き使用可能

基本的には、どこの会社もワイヤレスイヤホンは常時使用可能です。

飛行機内でのワイヤレスイヤホン使用の注意点

飛行機内でのワイヤレスイヤホンの使用は可能ということでした。ただし、いくつか注意しなければならないことがあります。そこで今度は、飛行機内でのワイヤレスイヤホン使用時の注意点を、簡単に紹介しましょう。

必ず機内モードにすること

これまでも解説してきた通り、飛行機内ではスマホのデータ通信が行えません。離陸準備に入りアナウンスされた段階で、必ず機内モードにしましょう。

機内モードは、iPhoneの場合はコントロールセンターのボタンで切り替えられます。最近のiOSは機内モードに入った段階で、前回の機内モード時のWi-FiとBluetooth設定を自動で再現してくれるので楽です。

Androidの場合も、画面上部を下にスワイプして表示させる設定画面で切り替えられます。自動再現機能はないので、都度設定を行いましょう。

Wi-Fi利用は各社のルールを遵守すること

ワイヤレスイヤホンは使えますが、モバイルデータ通信には使用制限があります。

JALの場合は、地上走行離陸から着陸までは、モバイルデータ通信が使えません。ポケットWi-Fiルーターも使えないので、注意してください。

原則として機内Wi-Fiを利用するか、オフラインで保存している音源などを再生するのに使うかということになります。

ANAも同様に離陸から着陸まではモバイルデータ通信は利用不可で、機内Wi-Fiを使うルールです。

通信に関しては、ほとんどの会社がこのルールになっています。従わないと最悪の場合罰金なので、必ず守るようにしてください。

落とさないように注意すること

飛行機内でワイヤレスイヤホンを落として紛失する人は、案外多いです。ワイヤレスイヤホンは、ふとした拍子で耳から落ちることがあります。飛行機内には揺れがあまりありませんが、離陸と着陸時には結構衝撃があるので注意してください。

イヤホンを着けながら寝るのも危ないね

あや

あや

よしぞー

よしぞー

寝るときは有線イヤホンにするとか、使い分けが必要だよ

飛行機内のシート付近には案外隙間が多く、ワイヤレスイヤホンは小さくて入り込みやすいです。隙間に入り込むと簡単には取れないので、紛失しないよう管理はしっかり行いましょう。

飛行機内でおすすめのワイヤレスイヤホン6選

飛行機内では機内モードにしてさえいれば、ワイヤレスイヤホンをスマホなどに接続して音楽や映像コンテンツを楽しめます。ただ、ワイヤレスイヤホンも種類が多いです。そこで今度は、飛行機内で使うのにおすすめのワイヤレスイヤホンを8つ紹介していきます。

HA-FW1000T

HA-FW1000T
  • 種類:密閉
  • ドライバーユニット:口径11mm
  • 通信方式/出力:Bluetooth標準規格Ver5.2/Power Class
  • 対応コーデック:SBC/AAC/QualComm aptX audio/aptX Adaptive audio
  • 対応コンテンツ保護:SCMS-T方式
  • バッテリー持続時間:イヤホン最大9時間/充電ケース最大18時間

HA-FW1000Tは、ビクターの高級完全ワイヤレスイヤホンです。ベクターというとあまり良いイメージはないかもしれませんが、それは格安オーディオの話。本製品は、音質にとにかくこだわっています。

音質はとにかく素晴らしいです。中低域には適度な広がりが感じられ、聴きやすい音になっています。それでいてつまらないわけではなく、ロックやポップスなど幅広い音楽を楽しむのに適したチューニングです。

デザインも木目が映えるオシャレな作りで、愛着が持てます。

ただし、デメリットも少なくありません。

デメリット?

あや

あや

よしぞー

よしぞー

専用アプリでの操作ができないんだ

ワイヤレスイヤホンには専用アプリが用意されていることが多いですが、HA-FW1000Tにはありません。そのため、操作は全て本体のタップ操作のみです。

慣れれば全く問題ありませんが、慣れるまでは大変。

専用アプリが欲しいという方にはあまり勧められませんが、とにかく音が良いワイヤレスイヤホンを飛行機でも使いたいという方には非常におすすめです。

なおアプリを用意しなかったのは、有線イヤホンに近い感覚で、音に対してのこだわりがあったからでしょう。

Soundcore Liberty 4

Soundcore Liberty 4
  • 独自に開発された2つのダイナミックドライバー「A.C.A.A3.0」を搭載の超高音質
  • ハイレゾ再生(LDAC)対応で、原音に忠実に音を再現
  • ウルトラノイズキャンセリング2.0、外音取り込み対応
  • 3Dオーディオに対応し立体音響が楽しめる
  • 2層構造のCloudComfortイヤーチップにより柔らかく自然な装着感
  • 心拍計測などのヘルスモニタリング機能を搭載
  • マルチポイント接続、ワイヤレス充電対応
  • 最大28時間の長時間再生(イヤホン単体で9時間)
  • ノイズリダクション機能搭載のマイクで相手にクリアな音声を届けられる
  • Bluetooth5.3で高い接続性

Anker Soundcore Liberty 4は、新規開発された独自のドライバー「A.C.A.A3.0」を搭載し、これまでのAnkerの音とは方向性の異なる音質が特徴。

ハイレゾ・ノイズキャンセリング・3Dオーディオ・マルチポイント接続・Bluetooth5.3・長時間バッテリーと、今時のBluetoothイヤホンのトレンドを全ててんこ盛りにしたイヤホンです。

音質はほどほどですが、使い勝手が良いため、どんな場所でもストレスなく操作できるのが強みです。

SOUNDPEATS CAPSULE3 PRO

SOUNDPEATS CAPSULE3 PRO
  • LDACコーデック対応、ワイヤレスでハイレゾ音源を楽しめる
  • 最大再生時間:約8時間 or 約52時間 (充電ケース併用)
  • イヤホン本体 充電時間:1時間(充電ポート:USB Type C)
  • 最大43dBノイズ低減効果、周囲の雑音をしっかりカット
  • 12mmバイオセルロース製ダイナミックドライバー
  • 専用アプリに対応し、音質を自分好みに調整することが可能
  • Bluetoothバージョン 5.2
  • 通信範囲:10M

CAPSULE3 PROは今時のBluetoothイヤホンのトレンドをしっかりと網羅しつつ、1万円アンダーの価格帯を実現しコスパの良いイヤホンです。

ノイズキャンセリングと高音質の両立を実現するためにSOUNDPEATS 専用設計の12mmドライバーを採用し、このドライバーにより心地の良い低域を楽しむことができます。

合わせて独自開発された植物由来の繊維「バイオセルロース振動板」を採用したことで、中高域まで広がりのあるナチュラルな音質を実現し、楽曲の奥にある細かな音や響きを楽しめます。

LDACコーデックに対応したことで、ハイレゾ領域と言われる最大20Hz~40kHzという広い再生帯域をカバーすることで、原音を自然に再生できます。

ノイズキャンセリングは最強といかなくとも十分で、外部の音をしっかり遮断してくれますよ。

WF-1000XM4

WF-1000XM4
  • 種類:密閉タイプ/ダイナミック型/カナル型
  • ドライバーユニット:6mm
  • 通信方式/出力:Bluetooth Ver5.2
  • 対応コーデック:SBC/AAC/LDAC
  • ハイレゾ対応
  • バッテリー持続時間:NCオン最大8時間/NCオフ最大12時間
  • 充電時間:約1.5時間
  • 充電端子:USB Type-C
  • 重量:約7.2g×2
  • 自動電源オフ対応
  • 外音取り込み機能搭載
  • 音質改善機能DSEE Extreme搭載
  • 360 Reality Audio対応

WF-1000XM4は、とにかく機能が抱負なノイズキャンセリングイヤホンです。2021年に話題になり、発売から数ヶ月は入手困難にもなっていました。

特徴的なのは、新開発されたノイズアイソレーションイヤーピース。遮音性が非常に高く、ノイズキャンセリング機能を使わなくてもノイズがあまり耳に入りません。密着感も高く、耳の形によって合わないというケースもあまりなく安心して使えます。

さらに、スマホアプリを使った設定や操作も可能です。

そして、ハイレゾ対応でDSEE Extremeにも対応しており音質も良質。

DSEEって何?

あや

あや

よしぞー

よしぞー

AIが曲を分析して自動的に音質を上げてくれる機能だね

さまざまな音源をハイレゾクラスの音質に引き上げられるので、圧縮音源も高音質で聴けます。

バッテリー持ちにも優れているので、長時間のフライトでも安心です。

QuietComfort Earbuds II

QuietComfort Earbuds II
  • 種類:カナル型
  • ドライバーユニット:9.3mm
  • 通信方式:Bluetooth Ver5.3
  • 対応コーデック:SBC/AAC
  • 防水性能:IPX4
  • バッテリー持続時間:本体6時間/充電ケース最長18時間
  • 充電端子:USB Type-C
  • 重量:本体約6g/ケース約60g
  • ノイズキャンセリング対応
  • マイク搭載

業界最高クラスのノイズキャンセリングを搭載しており、外部の音が耳に入ってきません。飛行機内の乗客の話し声や騒音などが気にならなくなるので、非常に快適です。耳からの落下にさえ注意すれば、睡眠時にも快適に使えます。

音質は、BOSEらしいです。低音域が強調されており、迫力のある音が楽しめます。低音を重視した音作りをしたロックバンドの曲などとは、非常に相性が良いです。

一方、女性ボーカルのポップスなどは少し高音域が尖って聞こえることがあります。普段から低音重視のイヤホンを使っていれば気にならないレベルですが、普段はフラットなイヤホンを使っている方は注意が必要です。

ただ、アプリのイコライザーを使うと高音域の聴こえ方も心地よくなります。そこは好みで調節可能なので、ノイズキャンセリング性能目当てでも音質に不満を抱きにくいです。

MOMENTUM True Wireless 3

MOMENTUM True Wireless 3
  • 種類:カナル型
  • ドライバーユニット:7mm
  • 通信方式:Bluetooth Ver5.2
  • 対応コーデック:SBC/AAC/aptX/aptX Adaptive
  • バッテリー持続時間:本体約7時間/ケース込み最大約28時間
  • 防水性能:IPX4
  • ハイレゾ対応
  • マイク6基搭載
  • ノイズキャンセリング機能搭載
  • 外音取り込み機能搭載
  • 専用アプリ有り
  • 装着検出機能搭載

ハイレゾ対応のゼンハイザーの完全ワイヤレスイヤホンです。ケースコミで最大約28時間と、バッテリー持続時間が長いのが特徴のひとつとなっています。長時間のフライトでも、全く問題がありません。

音質は、バランスが良いタイプです。ボーカルが近く感じられる中音域に、そのままで十分強い低音が特徴的。高音域はそのままだと少し隠れ気味ですが、イコライザー設定ができます。

イコライザーで設定すると音に違和感が出るイヤホンもありますが、本機は違和感が全くありません。隠れ気味だった高音を最大まで上げても、綺麗に聴こえます。

イコライザーをいじればドンシャリになり、いじらなければフラットな良質イヤホンです。

装着感も良く、落ちにくいので飛行機内でも安心して使えます。

ノイズキャンセリングはどう?

あや

あや

よしぞー

よしぞー

十分な性能だね。余計な音が無くなるけど圧迫感がない感じ

AirPods Pro

AirPods Pro
  • 種類:カナル型
  • ドライバーユニット:11mm
  • 通信方式:Bluetooth 5.3
  • 対応コーデック:AAC
  • バッテリー持続時間:本体約6時間/ケース込み最大約30時間
  • 重量:本体5.3g×2/ケース50.8g
  • ノイズキャンセリング機能搭載
  • 外音取り込み機能搭載

ノイズキャンセリング対応のワイヤレスイヤホンでは、定番中の定番AirPods Proです。第2世代発売当初は数ヶ月入手困難になるなど、高級イヤホンとしては異様な人気があります。

第1世代でも既にノイズキャンセリングが強力でしたが、第2世代はその約2倍の性能。装着者の置かれた環境に合わせて、ノイズを除去してくれます。そのうえ外音を必要に応じて取り込めるので、飛行機内では非常に便利です。

ただし、ノイズキャンセリングが強すぎるあまり圧迫感はあります。長時間ノイズキャンセリングを使うと疲れるので、注意が必要です。

音質も良質。ドライバーユニットが11mmと完全ワイヤレスイヤホンとしては大きいためか、音圧が高いです。そのうえ空間オーディオを得意としており、音に包まれているような感覚が得られます。

音質傾向自体はフラットなので、不得意分野がありません。その分「このジャンルに強い」というのもないですが、つまらない音とまではいかない絶妙な設計です。

MOTIF A.N.C

MOTIF A.N.C
  • 種類:ダイナミック型/カナル型
  • ドライバーユニット:6mm
  • 通信方式:Bluetooth Ver5.2
  • 対応コーデック:SBC
  • バッテリー持続時間:ANCオン約4.5時間/ANCオフ約6時間
  • ケース込みのバッテリー持続時間:ANCオン約20時間/ANCオフ約26時間
  • フル充電時間:イヤホン本体約3時間/ケース約3時間
  • 再生周波数帯域:20Hz~20kHz
  • 重量:約4.25g
  • インピーダンス:16Ω
  • 防水性能:IPX5(イヤホン)/IPX4(ケース)

MOTIF A.N.Cは、ギターアンプでお馴染みのMarshallの完全ワイヤレスイヤホンです。

音質傾向は、Marshallらしいギターサウンド向けの設計になっています。ギターの音が綺麗に抜けていくようなイメージ。低音は少なめですが、バランスが良いのであまり気になりません。ギターの音が細かい部分まで繊細に鳴ってくれるので、ギターサウンドが好きな方にはぴったりです。

ギター用のモニターイヤホンとしても使えそう

あや

あや

よしぞー

よしぞー

まさにそう使う人も結構いるよ。耳コピ用とかね

ノイズキャンセルに関しても、環境音が適度にカットされます。非常に高性能とまではいきませんが、飛行機内で使うには十分な性能です。外音取り込みもできます。

デザインがおしゃれで、なおかつ音質が良くノイキャンもできるイヤホンを探している方には非常におすすめです。

まとめ|ルールを守って音楽を楽しもう!

今回は、飛行機内でワイヤレスイヤホンを使う際のルール・注意点と、おすすめイヤホンについて紹介してきました。

飛行機内では機内Wi-Fiとワイヤレスイヤホンを使えば、気軽に音楽や動画コンテンツを楽しめます。ルールはありますが、それさえ守れば自由です。

今回紹介したイヤホンは、どれも高音質でノイズキャンセリング機能も充実しているものばかり。

飛行機内でも快適に使えて音質が良いイヤホンを探している方は、今回紹介したイヤホンを参考にしながら自分に合うイヤホンを探してみてください。

関連記事