【サイバーパンク2077】推奨スペック以上!おすすめPC4選|PS5との比較も解説

11 min

独特なサイバーパンクの世界観を自由に歩き回れるサイバーパンク2077。

巨大年ナイトシティに渦巻くインプラントの陰謀などを追う裏社会に焦点を当てたストーリーや、自由度が高いアクションRPGのシステムなどから人気があります。

一人でじっくりオープンワールドを楽しみたいという方には、非常に向いているゲームです。

サイバーパンクにはPS4/PS5版とPC版とがあります。

今回は、PC版サイバーパンク2077の推奨スペックとおすすめPC、PS4/PS5との違いなどについて紹介しましょう。

サイバーパンクにゲーミングPCは必要? グラボなしでも遊べる?

サイバーパンクには、ゲーミングPCが必須です。

サイバーパンク2077は、美麗なグラフィックを売りにしたオープンワールドRPG。サイバーパンクな巨大都市が舞台ということもあり、グラフィックが非常に重いゲームです。

重い3Dグラフィックを動かすには、GPUが必要になります。3Dグラフィックの処理を担当するパーツのことですが、これはゲーミングPC以外にはあまり搭載されません。そのため、ゲーミングPCが必須です。

サイバーパンク2077の最低スペックと推奨スペック

サイバーパンク2077はグラフィック処理が重いゲームなので、ゲーミングPCが必須だと説明しました。ただし、どんなゲーミングPCでも良いというわけではありません。最低でも、メーカーが推奨するスペックは満たしておきたいところです。

そこで今度は、サイバーパンク2077のメーカー最低スペックと推奨スペック、おすすめスペックを紹介します。

サイバーパンクの最低スペック

  • CPU:Core i5-3570K/AMD FX-8310
  • GPU:GTX 780/Radeon RX 470
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:70GB

これは、メーカーが掲げる最低スペックです。最低スペックは、とりあえず起動するのに必要なスペックになります。ほかのゲームでは最低スペックでも問題なく遊べることも多いですが、サイバーパンク2077はこの最低スペックでは満足に遊べません。

画質設定を全て最低にして、ようやく動くレベルになります。グラフィックが綺麗なゲームなので、画質設定を全て最低にしてプレイするのはおすすめできません。ゲーム体験が大きく損なわれてしまいます。

サイバーパンクの推奨スペック

  • CPU:Core i7-4790/AMD Ryzen 3200G
  • GPU:GTX 1660 SUPER/GTX 1060 Radeon RX 590
  • メモリ:12GB
  • ストレージ:70GB

メーカー推奨スペックとしては、性能高めのパーツが指定されています。GTX 1660 SUPERは、2022年現時点でよくエントリークラスのゲーミングPCに使われるパーツです。エントリークラスではあるものの、比較的性能が高めなのが特徴。

メモリも12GB以上必要となっています。

ただし、このメーカー推奨スペックでも画質設定はあまり高くできません。1080pで中から高にして動作可能なレベルと、メーカーは位置づけています。

この性能で高設定にすると、30fpsがやっとです。

アクションRPGなので、30fpsだと厳しいところがあります。

【ゲーマー向け】おすすめPCスペック

  • CPU:Core i7-11700以上
  • GPU:GeForce RTX 3070以上
  • メモリ:16GB以上

これは、実際にサイバーパンク2077を快適に遊ぶために必要なスペックです。

この構成であれば、設定によっては60fpsで遊べます。

フレームレートを少し犠牲にして良いのであれば、画質設定を上げることも可能です。フレームレートは大幅に下がりますが、RTX 3070はレイトレーシングを使ってプレイできる最低ラインでもあります。

競技系のゲームではないのでフレームレートはある程度割り切って、グラフィックを高くするのがおすすめです。

なお、メモリは公式推奨スペックだと12GBになっていますが、メモリは推奨スペックより少し大きいくらいがおすすめ。

PCは動作するだけでもメモリを消費しますし、ゲーム以外にバックグラウンドで動作するものがあれば公式推奨スペックだと足りなくなることがあります。サイバーパンク2077のような重いゲームを快適に遊ぶには、16GBは必要です。

サイバーパンク2077におすすめなゲーミングPC4選

サイバーパンク2077の公式推奨スペックと、おすすめのスペックを紹介してきました。それらを参考にしつつ、今度は実際にサイバーパンク2077におすすめのゲーミングPCを4つ紹介します。少しでも快適に遊べるPCを選ぶために、ぜひご参考ください。

【初心者向け】 G-Tune HM-B(プレミアムモデル)

G-Tune HM-B (プレミアムモデル) [ Windows 11 ]
  • CPU:Core i7-12700F
  • GPU:GeForce RTX 3060
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:512GB NVMe M.2 SSD

G-Tune HM-Bは、初心者向けのゲーミングPCです。RTX 3060は多くのゲームを快適に遊べるスペックがあります。流石に高フレームレート・高画質設定を両立するには厳しいですが、どちらか一方だけならどのゲームでも実現可能な性能です。

フレームレートというのは、1秒間に何枚画像を表示させるかを示す値のこと。数値が大きくなるほど、映像は滑らかになります。

競技系のゲームなら最低60fps、一人用ゲームなら最低30fpsが目安です。

この構成だとサイバーパンク2077は画質設定を少し落として、30fpsで遊ぶという運用になります。とはいえ、公式推奨スペックよりは性能が高いので安心です。

【中級者向け】G-Tune PP-Z

G-Tune PP-Z [ Windows 11 ]
  • CPU:Core i7-13700KF
  • GPU:GeForce RTX 3070
  • メモリ:32GB
  • ストレージ:1TB NVMe Gen4×4 M.2 SSD

G-Tune PP-Zは、中級者向けのゲーミングPCです。

最新世代のCore i7とRTX 3070を搭載しており、性能が高いのが魅力。メモリも32GBあるので、どのようなゲームを遊んでも不足することはありません。現行の人気ゲームを一通り遊べるだけのスペックがあります。

サイバーパンク2077では、画質設定を落とせば60fpsが稼げる程度です。30fps以上60fps未満でも良いのであれば、画質設定を上げることもできます。オープンワールドの雰囲気を楽しみたい場合は、後者の運用がおすすめです。

サイバーパンク2077以外のゲームであれば、高画質設定と高フレームレートを十分両立できます。

サイバーパンク2077だけでなく、幅広いゲームを快適に遊びたい方におすすめです。

【上級者向け】G-Tune EP-Z

G-Tune EP-Z [ Windows 11 ]
  • CPU:Core i9-12900KF
  • GPU:GeForce RTX 3080
  • メモリ:32GB
  • ストレージ:1TB NVMe Gen4×4 M.2 SSD

第12世代Core i9とRTX 3080を組み合わせた、上級者向けのゲーミングPCです。現行世代では、トップクラスに高い性能を誇ります。Core i9があればゲームをしながら動画撮影や配信も可能です。

サイバーパンク2077はフレームレートが上がりにくいので、この構成でも144fps以上は厳しめ。画質設定を下げればGPU使用率が下がり、CPU使用率が上がります。CPUの処理能力が高いゲーミングPCなので、CPU使用率を上げれば高フレームレートにすることも可能です。

ただし、サイバーパンクは基本は一人向けRPGなので、そこまでしてフレームレートを上げるよりも、それなりのフレームレートで高画質設定にしたほうが楽しめます。

【ノートPC】G-TUune E5

G-Tune E5 [ Windows 11 ]
  • CPU:Core i7-12700H
  • GPU:GeForce RTX 3060 Laptop GPU
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:512GB NVMe M.2 SSD

G-Tune E5は、HM-BをノートPCにしたような性能のゲーミングノートPCです。

サイバーパンク2077では高フレームレートは出せませんが、とりあえず快適に遊べるレベルで動作します。ほかのゲームでは60fps以上も出せる性能があり、初心者にもおすすめのPCです。

ただし、サイバーパンク2077以外で遊ぶときには少し注意しなければならないことがあります。

本機のディスプレイは、最大リフレッシュレート60HzのフルHDディスプレイです。60Hzのモニターでは、60fpsより高いフレームレートは出せません。そのため、サイバーパンク2077を30fpsで遊びつつ、ほかのゲームは高フレームレートで遊びたいという場合には不向きです。

そういう場合は、上位モデルの「G-Tune E5-165」をおすすめします。

こちらは144Hz対応のWQHDディスプレイが搭載されているため、100fps以上出せるゲームでも快適に使えるのが魅力です。そのうえメモリも32GBに増設されており、コスパも高くなっています。

サイバーパンクにおすすめなPCの選び方

ここまで、サイバーパンクにおすすめなゲーミングPCを紹介してきました。そのなかでCPU・GPU・メモリなどについて解説してきましたが、詳しくない方からするとよくわからない部分もあるでしょう。

そこで今度は、PCのスペックの基礎知識とサイバーパンクにおすすめなPCの選び方について解説していきます。

CPUをチェック

CPUは、コンピューターの頭脳にあたるパーツです。PCのあらゆる処理を担当しています。

GPUは3Dグラフィックの処理を担当すると説明しましたが、それすらも統括しているのがCPUというイメージです。CPUの性能が低ければ、高性能GPUを搭載していても性能を活かしきれなくなります。

また、サイバーパンク2077では「画質を取るかフレームレートを取るか」という選択を迫られがちです。

基本的に、グラフィック設定を下げるとCPU使用率が上がります。グラフィック設定を落としてフレームレートを上げたい場合は、特にCPUの性能は重要です。

サイバーパンク2077を快適に遊ぶなら、Intel Core i7-11700以上の性能が必要になります。

GPUをチェック

GPUは、3Dグラフィックの処理を担当しているパーツです。

画質設定を上げるほど、GPUの使用率が上がります。サイバーパンク2077でフレームレートを落として画質設定を上げたい場合は、GPUの性能が非常に重要です。

一般的なゲームではRTX 3060でも十分な性能がありますが、サイバーパンク2077はグラフィックが非常に重いゲームなのでもうすこし性能が欲しいところ。

具体的には、RTX 3070以上が目安になります。

また、RTXシリーズにはレイトレーシングなどの機能が搭載されていますが、レイトレーシングを使う場合もRTX 3070以上でなければ厳しいです。

レイトレーシングというのは、光源から出る光の表現、光の反射など「光」に関する演出をより現実に近い形で表現する技術のことを指します。ゲームの映像にリアルタイムで加工を施し、リアリティのある映像にしてくれるというイメージです。

サイバーパンク2077のようなグラフィック重視のゲームと相性がいいですが、これを使うと一気に重くなります。そのため、RTX 3070が最低ラインです。

メモリをチェック

メモリは、PCが処理するデータを一時的に置いておく場所のことです。

メモリが小さければ、データ容量の大きな処理に時間がかかるようになります。あまりに負荷がかかるとパンクしてフリーズすることもあるので、メモリに余裕があることがゲームを快適に遊ぶうえでは重要です。

サイバーパンク2077は公式推奨スペックだと12GBとなっていますが、実際にPCを選ぶ際には16GBを目安にしましょう。

PCは思わぬところでメモリを消費しています。ウイルスソフトをインストールしていれば、バックグラウンドで動き続けるのでそれだけでメモリを消費。ブラウザを開いたままゲームを開く人も多いですが、そのときもメモリを消費しています。

メモリに余裕がないと、重いゲームをプレイする際にいちいちブラウザを落としたりバックグラウンドで動作しているソフトを一時停止したりしなければならなくなるので、注意しましょう。

ストレージをチェック

ストレージは、PCにインストールしたデータを保管しておくための場所です。ストレージという言葉にあるように、倉庫というイメージになります。

倉庫が大きいほどより大きな荷物が置けたり、小さい荷物をたくさん置けたりするように、PCもストレージの容量が大きいほどより多くのデータをインストールすることが可能です。ゲームは容量が大きいことが多いので、ストレージ容量には余裕を持たせたいところ。

できれば、1TB以上はほしいです。

また、ストレージにはSSDとHDDの二種類があります。

SSDはHDDより高価ですが、通信速度が早いのが特徴です。OSの起動、ゲームの起動・ロードが早くなります。サイバーパンク2077を快適に遊びたい場合は、SSDをメインに使うのがおすすめです。

HDDはSSDより通信速度が遅いですが、安価なのが特徴。

たとえばSSDを1TB以上にするのが予算的に厳しい場合、500GBのSSDに加えてサブストレージとして1TBのHDDを搭載させるなど使い分けることでコストを抑えられます。

今メインで遊んでいるゲームをSSDに入れて、遊び終わったものや積みゲーなどをHDDに入れるようにすればSSDを圧迫しにくいです。

サイバーパンク2077におすすめなゲーミングモニターの選び方

サイバーパンク2077を快適に遊びたい場合、ゲーミングモニター選びも大切です。サイバーパンク2077はフレームレートがあまり上がらないので、リフレッシュレートに関してはそれほど気にする必要がないかもしれません。ただし、ゲーム映像がより綺麗に見えるかはモニター選びにかかっています。

そこで今度は、サイバーパンク2077におすすめなゲーミングモニターの選び方について紹介しましょう。

サイバーパンクにゲーミングモニターは必要?

サイバーパンクには、ゲーミングモニターが必須というほどではありません。

ただ、あったほうがより楽しめることは確かです。

一般的にゲーミングモニターが欲しい理由は、リフレッシュレートにあります。リフレッシュレートは、1秒間に何枚の画像をディスプレイに表示させるかを示す値です。つまり、PC側が100fpsを出そうとしても、モニターの最大リフレッシュレートが60Hzにまで対応していなければ、60Hzの映像にしかならないということ。

そのため、ゲームにはリフレッシュレートの高いゲーミングモニターを使うという人が多いです。

サイバーパンク2077は60fpsを上回るのが比較的難しいので、リフレッシュレート的には一般的なPCモニターでもあまり問題はありません。

ただ、ゲーミングモニターはたとえばIPSパネルを搭載していて表現できる色の幅が広かったり、他にもゲーム向けの機能を搭載していたりします。

サイバーパンク2077はネオン街の表現など色を使った表現が多いので、IPSパネル搭載のゲーミングモニターとの相性は特に良いです。

液晶に使われているパネルの種類、機能などにこだわりたい場合はサイバーパンク2077でもゲーミングモニターを使うことをおすすめします。

リフレッシュレートをチェック

リフレッシュレートは、前述の通り1秒間に何枚の画像をディスプレイに表示させるかを示す値のことです。基本的には、PC側が出力したフレームレート通りの映像になります。

ただし、最大リフレッシュレートを超えた枚数の画像は表示させられません。

サイバーパンク2077は60fpsあれば十分ですが、モニターは基本的にPCに繋ぎっぱなしです。サイバーパンク2077以外のゲームにも対応できるよう、144Hzまで対応したモニターを選ぶのがおすすめ。

144Hzまで対応していれば、FPSで1440fpsなどの高フレームレートで遊びたくなったときに困りません。ゲーミングモニターは高価なので、なるべく長く使えることを考えて選びましょう。

解像度はフルHDが大前提! WQHDもおすすめ

ゲーミングモニターの解像度は、フルHDが基本です。

解像度というのは、画面の情報量の多さと表示領域の広さを示す値のこと。表示領域が広くなるので、情報量が自然と増えるというイメージです。情報量が増えたことによって、画質が向上したと感じます。

たとえば同じ解像度でも画面が小さくなると、情報量と密度が増加したように感じ高画質に見えるという感じです。

解像度はHD、フルHD、WQHD、4Kなどの種類があります。

フルHDがゲームにおいては一般的です。WQHDも対応するゲームが多く、表示領域がフルHDより広いため人気があります。ゲームだけでなく作業もする方なら、表示領域が広いWQHDが非常に便利でおすすめです。

サイバーパンクに4Kはあまりおすすめできない

サイバーパンクには、4Kはおすすめできません。

4Kで動作させようとすると、ほかの設定を下げなければならなくなります。そのうえフレームレートも犠牲になるので、総合的に満足度が下がりかねません。画質設定を下げて解像度を上げても、フルHDで高設定にしたときのほうがグラフィックが良いように感じられることがあります。

そのため、4Kはおすすめしません。

RTX3090を搭載したPCにて各種設定でのFPSを測定した際の結果。4Kでは最低の映像設定(一番上)で130程度のFPSが稼げる結果となっている

また、解像度が高くなるとモニターのサイズも大きくなります。表示領域が広くなるので、サイズを広くしないと文字やアイコンなどが小さく見えてしまうためです。

4Kともなると32インチモニターなどが一般的になり、場所を取ります。

フルHDは24インチから26インチ、WQHDは27インチ程度が目安です。

サイバーパンクはデスクトップとノートPCどっちがいい?

サイバーパンクは、デスクトップPCでもノートPCでも必要な性能を満たしていれば遊べます。

どちらを選ぶかは、用途によって決めましょう。

家でしか使わないのであれば、デスクトップPCがおすすめです。

両者が同じ性能であれば、デスクトップPCのほうがノートPCより安く買えます。ノートPCは小型化しなければならない都合上コストがかかるので、少し高いです。

さらに、ノートPCは性能を上げにくくなっています。筐体が小さいため大きなパーツを搭載できず、高性能GPUを搭載させるのが難しいです。そのうえ、BTOメーカーで購入する際のカスタマイズの幅も狭くなります。

そのため、家でしか使わない場合はデスクトップPCのほうがお得でおすすめです。

ただ、外出先でも使いたい場合はノートPCを購入しましょう。

サイバーパンク2077のPC版とPS4/PS5版との違い

サイバーパンク2077には、PC版のほかにPS4/PS5版もあります。PS4/PS5はスペックなど難しいことをあまり考えなくとも、快適に遊べるのがメリットです。ただ、PC版のほうが優れている点もたくさんあります。

そこで今度は、サイバーパンク2077のPC版とPS4/PS5版との違いについて紹介しましょう。

表現規制がPCのほうが緩い

サイバーパンクは、裏社会をテーマとしたストーリーが展開されていきます。サイバーパンクな世界観ではあるものの、現実に則した部分も多いです。世界観が独特な海外版龍が如くのようなイメージですね。

そのため、流血表現・セクシーな表現などがあります。

これらの表現規制が、PS4/PS5版に比べてPC版のほうが緩いです。

たとえば、以下のような点がPS4/PS5では強めに規制されています。

  • 男性・女性キャラクターの裸体表現(下着着用)
  • 一部性的表現の変更
  • 人体欠損の断面や内蔵などの表現の変更
  • 一部看板や落書き、性器を模したオブジェクトの変更など

ストーリーに影響を与える規制はありませんが、サイバーパンク2077の世界観を忠実に味わいたい場合はPS4/PS5版の表現規制は不満点になりかねません。

PCは最高画質でプレイ可能

当然ですが、PS4/PS5はスペックが一律です。

PS4/PS5は現行ゲームハードのなかでは性能が高い部類ではありますが、それでもハイエンドPCよりは低めになっています。そのため、最高画質にはできません。

PC版はPCスペックにもよりますが、最高画質に設定して遊ぶことができます。より高画質で遊びたい場合は、PC版のほうが有利です。

PC版はレイトレーシングやDLSSが使える

PC版のサイバーパンク2077は、レイトレーシングやDLSSなどの技術が使えます。

レイトレーシングは、リアルな光の表現を可能にする技術です。GeForce RTXシリーズに搭載されている機能で、リアルタイムにゲームの映像を加工してくれます。当然負荷はかかりますが、画面がより綺麗になるのでグラフィックが魅力のゲームとの相性が良いです。

DLSSは映像の荒いシーンを綺麗にしてくれる機能のこと。3Dグラフィックを低解像度でレンダリングして、引き伸ばして広い画面に出力することで画質とフレームレートをある程度両立できます。

サイバーパンクは高フレームレートを目指す必要もあまりないので、これらの機能を駆使して遊ぶのもおすすめ。

しかし、レイトレーシングなどはあくまでもNVIDIAのGPUを搭載したゲーミングPCの機能です。PS4/PS5では使えません。

PCのほうがアクションを快適に楽しめる

サイバーパンク2077のアクションは、明らかにPC向けに作られています。

近接戦闘もありますが、銃を持って戦うシーンが多いです。エイムが必要になるので、マウスのほうが直感的に楽しめます。

各UIもPC向けに作られているので、PC版のほうが総じて快適です。

特にサイバーパンク2077でも60fps以上が出せるゲームであれば、より快適にサイバーパンクのアクションを楽しめるようになります。

PCのほうが動作が安定する

PS4/PS5版のサイバーパンクは、動作が若干不安定です。

特にPS4版は処理落ちもあります。PS5もスペック不足なのか、バグやカクつきなどが発生してしまうことがあるので少し不安定です。もちろん、PS4よりPS5のほうが動作が安定します。

ただ、PCのほうが動作を安定させやすいです。十分なスペックのPCを用意すればカクつきも処理落ちもありません。設定の自由度が高く、スペックに合わせて動作が安定しやすい設定にできるのもPC版の優位点です。

まとめ|ゲーミングPCでサイバーパンクの世界観を満喫しよう!

ここまで、サイバーパンク2077のゲーミングPCについて解説してきました。

サイバーパンク2077は、綺麗なグラフィックで独特な世界観が楽しめるオープンワールドゲームです。アクションもクオリティが高く、爽快感があります。競技性がないので一人でゆっくり楽しめるのも人気の理由です。

そんなサイバーパンク2077をより快適に遊ぶために、適したスペックのPCが必要になります。

今回紹介した選び方やおすすめPCを参考にしつつ、ゲーミングPCでサイバーパンクの世界観を満喫しましょう!

Amazonでお得に買い物をする

Amazonで買い物するなら、Amazonギフト券の購入(チャージ)がポイントが付いておすすめです。

現金チャージすると、通常会員で2.0%、プライム会員なら最大2.5%ポイントをゲットできます!

定期的にAmazonでお買い物するならチャージをぜひ活用しましょう

▶Amazonギフト券の購入(チャージ)はこちらから可能です!

yoshizoo

yoshizoo

メタバース・ゲーム・音の世界で日々を暮らしています。このブログではゲーミング・VR、音楽鑑賞・オーディオについてデバイス等の情報発信やレビューをしています。

Twitter:@gemelogblog

カテゴリー:
関連記事