【楽天お買い物マラソン1/9スタート】事前エントリー受付中・ポイント最大43倍!

フランツ・リストの名曲5選!クラシック音楽界きってのモテ男の半生をたどる

4 min

ピアノ上級者でも弾きこなせない曲が多い作曲家の一人が「フランツ=リスト」です。

超絶技巧に傾倒した作曲家だと思われがちなリストですが、実は生まれ故郷への思いやクラシック音楽界の発展を願うなど「情熱」を持っていた人物なんです。

そこでこの記事では、リストの名曲5つを彼の半生とともに解説していきます!

クラシック音楽界で最もモテたと言っても過言ではないリストの、奥深い人生をお楽しみください。

作曲家のフランツ=リストってどんな人?

まずは、リストがどんな人かを簡単に紹介しますね。

リストは1811年にハンガリーで生まれた作曲家です。

へみ

へみ

とはいえ、両親ともにドイツ・オーストリア系の家系。本人もドイツで活動した時期が長いので、あまりハンガリーの作曲家というイメージはありませんよね。

若干10歳でコンサートを開くほど才能に溢れていて、11歳にはウィーンに移住してウィーン音楽院で学び始めました。

15歳で父親が亡くなってからはピアノ講師として家計を支え、その傍ら作曲活動や演奏活動を続けます。

リストは容姿端麗だったこともあり、若い頃から成功を収めた数少ない作曲家のひとり。音楽家同士の交流やチャリティー活動も行っていて、人格者として知られていました。

若くして亡くなる作曲家も多い中、リストは75歳とかなり長生き。ですが晩年は心身ともに病に侵されていたようで、そのころ作曲された曲にも苦悩が垣間見えます。

ピアノの魔術師!どんな曲でも初見でカンペキに弾けた

リストは手が大きく、ドから2つ上のソまで片手で押さえられたと言われています。それだけでなく指の動きも超人級だったので、ほとんどの曲は初見で軽々弾けたそうです。

なので、2回目に引くときは自分流にアレンジしたりカデンツァを加えたりして「2度と同じ曲は聴けない」と言われたピアニストでもありました。

さらに情熱的な演奏でピアノが壊れてしまうこともしばしば。リストのコンサートを耐えきったピアノのメーカーが有名になるなど逸話も残っています。

そんなリストの曲も盛り込んだ「超絶技巧特集」もあるので、ぜひ読んでみてください。

【弾けない】ピアノの超絶技巧曲7選!テクニカルなのに美しくて聴きやすいクラシック音楽

クラシック界1,2を争うモテ男!でも結婚はしなかった

リストといえば「めちゃめちゃモテた」事で有名です。

  • 教え子の貴婦人たちが次々に恋に落ちた
  • 幼少期のクララ・シューマンが演奏を聴いて号泣
  • コンサートで女性たちが多数失神した

など、今でいうアイドル的存在だったと言われています。

付き合った女性も多く、何度か婚約や同棲まで進んだリストでしたが、結婚は一度もしませんでした。

未婚ですが子供は3人いて、そのうちの一人は後にワーグナーの妻となります。

なぜ嫌われる?リヒャルト・ワグナーの名曲5選を彼の半生とともに紹介

人格の高いリストは交流も広かった

モテたのは女性からだけでなく、いわゆる人たらし的な魅力があったリスト。チャリティーコンサートを開いたり、無償でピアノを教えたりと「良い人伝説」も多数存在しています。

さらに音楽家同士の交流も積極的に行っていて、同世代のショパンやシューマンとは手紙のやり取りも多く残っています。

さらに次世代の作曲家の評論もよく行っていましたが、批評ではなく素晴らしい点を褒めるスタイル。

そして才能を認めた作曲家には資金援助を行うなど、まさに「人格者」と呼ばれるにふさわしい人でした。

フランツ=リストの名曲5選!半生とともに解説

それでは、そんなリストの名曲を半生とともに紹介していきます!

超絶技巧曲はもちろん、リストの情熱的な部分が表れた曲や晩年の苦悩が感じ取れる曲など「人間味に溢れた」ラインナップとなりました。

超絶技巧練習曲より「マゼッパ」

作曲年は1840年(29歳)ですが、原曲は1826年(15歳)、亡くなった父親の代わりに家族を養い始めた頃に作曲されています。

曲名はフランスの詩人、ヴィクトール=ユゴーの「マゼッパ」という叙情詩(ノンフィクション)に登場する英雄の名前から。

ポーランド王の側近だったマゼッパが不倫の罪に問われ、馬の背に裸でしばりつけられ追放される・・・という様子が描かれていて、主題は力強い鐘の音と3度和音の”蹄の音”だという事が分かります。

ラ・カンパネラ

作曲年:1832年(21歳)

リストで最も有名な曲といえば「ラ・カンパネラ」ですが、この曲は若干21歳で作曲されたというので驚きです。

ラ・カンパネラが作曲された前年、リストはヴァイオリニストのパガニーニと出会います。パガニーニの超絶技巧演奏を聴いて感銘を受けたリストは「私はピアノのパガニーニになる」と周囲に宣言しました。

へみ

へみ

実際、このラ・カンパネラはパガニーニのヴァイオリン協奏曲の一部をモチーフにしています。

このころからリストの曲は超絶技巧に傾倒していくこととなりました。

愛の夢 第3番

作曲年:1845年(34歳)

このころのリストは作曲活動に専念するために、ヴァイマールに腰を落ち着けます。同時にヴァイマールの宮廷楽長に就任し、様々な式典で演奏するための曲を次々と書いてました。

今ではリストの代表曲となっている愛の夢ですが、3つの小品からなっている作品で、もとはソプラノ独唱用の歌曲です。

へみ

へみ

リストは自分の曲を編曲する事がよくあって、ピアノ版は歌曲版から5年後に編曲されました。

いきなり主題(いわゆるサビ)から始まるのは結構斬新で、シューマンやショパンと同じロマン派音楽の特徴がよく表れていると言えます。

ハンガリー狂詩曲

作曲年:1853年(42歳)

リストが作曲家としての活動に脂が乗ってきた時期に作曲されたハンガリー狂詩曲。

自身が11歳まで過ごした事もあって、ハンガリーの舞曲をモチーフにした作品をリストは数多く残しています。

へみ

へみ

そこへ空前の「民族音楽ブーム」がやってきて、このハンガリー狂詩曲も大ヒットしました。

特に第2番のピアノ版が有名で、アメリカの映画やアニメに多数用いられています。

一番有名なのは、トムとジェリーの「ピアノ・コンサート」ですね。

「巡礼の年」よりエステ荘の噴水

作曲年:1877年(66歳)

リストは48歳でヴァイマールの宮廷楽長を辞め、50歳になるとローマに移住します。実はリストはカトリックの信仰が深く、移住後まもなく聖職に入ります。

へみ

へみ

日本で言うと出家のイメージですね。

そして作風も「宗教的」「無調性」にだんだんと傾いていきました。リストはロマン派時代の作曲家ですが、このころの音楽は次の時代”印象派”に大きく影響を与えています。

このエステ荘の噴水は、水がモチーフとなった美しいピアノ曲で、のちに印象派のドビュッシーやラヴェルもこの曲の影響で「水モチーフ」の曲を作曲しています。

超絶技巧なのに美しい!リストの名曲を聴くならAmazonミュージック

リストのピアノ曲は、多くのアーティストが音源を出しています。

誰の演奏を聴こうか迷ってしまいそう・・・という人は、定額で音楽が聴き放題の「音楽サブスク」を利用するのが賢いですよ。

当サイトおすすめの音楽サブスクが「Amazonミュージック」で、クラシック音楽を含め700万曲以上が聴き放題!

月額料金は980円とお手頃で、プライム会員ならさらに安く780円となります。

今なら3ヵ月無料でお試しできるので、ぜひこの機会にリストの超絶技巧曲を楽しんでみてくださいね。

hemmi

hemmi

3歳からピアノ、12歳でクラリネットを始める。全国屈指の音楽高校に進学し、そのまま音大に進学。
音高音大では専攻のクラリネット演奏のほか、作曲編曲で作品を提供。
首席で音大を卒業後は演奏活動や指導をしつつ執筆活動を行っている。

カテゴリー:
関連記事