記事内には広告リンクやPRが含まれます

JN-360IPS27FHDR-HSPレビュー! 360Hzの超高リフレッシュレートモニター

6 min
JN-360IPS27FHDR-HSP

コスパが高いPC用モニターを多数販売しているJAPANNEXTから、360Hzの超高リフレッシュレートモニターが出ました。

144Hzから240Hzまでのゲーミングモニターが多く、人気があります。そのなかで、フルHD360Hz対応というのが本機の最大の特徴です。

もちろん、ほかにもさまざまな特色があります。

そこで本記事では、JN-360IPS27FHDR-HSPの基本仕様を紹介し、良いところと気になる点についてレビューしていくので、ぜひご参考ください。

JN-360IPS27FHDR-HSPの基本仕様

まずは、JN-360IPS27FHDR-HSPの基本的な仕様について紹介します。スペック、外観、付属スタンドの機能などについて気になる方は、ぜひご参考ください。

スペック

  • 液晶サイズ:27インチ
  • 最大解像度:フルHD(1920×1080p)
  • パネル種類:IPS(ADS)パネル
  • 輝度:450cd/m2
  • コントラスト比:1000:1
  • 最大リフレッシュレート:360Hz
  • 応答速度:OD 3ms(GtoG)/MPRT 1ms
  • 視野角:H:178°/V:178°
  • 表面処理:非光沢
  • 表示色:1677万色/sRGB:100%/DCI-P3:83%
  • FreeSync対応
  • フリッカーフリー対応
  • ブルーライト軽減モード搭載
  • HDR10対応
  • DisplayPort(360Hz)×2
  • HDMI(240Hz)×2
  • スピーカー:2W×2
  • 重量:約5.0kg

JN-360IPS27FHDR-HSPは、27インチのIPSモニターです。最大解像度は、最も一般的なフルHD。最大リフレッシュレートは、360Hzにまで対応しています。

リフレッシュレートというのは、1秒間に画面に表示される画像の枚数のことです。多ければ多いほど、画面が滑らかに動きます。PC側ではフレームレートと呼ぶものです。

なんか珍しそうなスペックしてる気がする

あや

あや

よしぞー

よしぞー

実際ちょっと珍しいかもね

一般的なゲーミングモニターは、フルHDで144Hz〜240Hz程度です。これより先はリフレッシュレートを高めるというよりも、解像度を高める方向にスペックが伸びていく傾向があります。

WQHDで144Hz、4Kで60Hzなどです。

一方本機は、最大リフレッシュレートを伸ばしているのが特徴となっています。

外観

JN-360IPS27FHDR-HSPのフロントの外観は、非常にシンプルです。

JAPANNEXTのいつものモニターデザイン、といったところ。左右と上部のベゼルが非常に狭く、モニターのサイズいっぱいに液晶画面が表示されるのが魅力的です。下部には、JAPANNEXTのロゴがあります。

ロゴのデザインがあまり派手ではなく、色もシンプルなシルバーなのであまり目立ちません。ロゴが主張しすぎないのも、デザイン面でのいいところです。

一方、背面は少し派手なデザインになっています。ロボットのようなモールドが入っており、そのうえLEDライトも搭載。壁の近くに設置すれば、壁にうっすらとライトが投影されるような形になります。

見えないところで自我を出すタイプだ…

あや

あや

よしぞー

よしぞー

派手めなのが苦手でも背面だから気にならないよ

付属スタンド

JN-360IPS27FHDR-HSPの付属スタンドの機能は、以下の通りです。

  • チルト:-5°+20°
  • 高さ調整:スタンド可動部130mm
  • スイベル:R30°/L30°
  • ピボット:R90°
  • VESAマウント:100×100mm(M4×12mm)

チルトは、モニターに上下の角度をつける機能です。マイナス方向は前、プラス方向は後ろになっています。モニターを前に倒す人は少ないので、前の可動域が狭いのは、モニタースタンドの場合あまり気になりません。

後ろ方向にも20°倒れれば、付属スタンドとしては十分だと言えます。

高さ調整に関しても、一般的な座り姿勢であれば十分な程度です。モニターアームのように自由自在にとはいかないまでも、しっかりと高さを付けられます。

さらに、左右に角度を調整できるスイベル機能も搭載。これは付属品の場合はカットされることもあるので、JN-360IPS27FHDR-HSPの強みの一つだと言えます。

そして、ディスプレイを回転させるピボット機能も搭載。回転できる幅は90°まであるので、縦置きにも対応しています。

付属スタンドでも結構いろいろ調整できるんだね

あや

あや

よしぞー

よしぞー

縦置きにもできるのが付属スタンドの一番の魅力かも

また、スタンドに穴があるので、そこにケーブルを通すことも可能です。ケーブルをなるべく束ねたいという場合にも、使いやすいスタンドだと言えます。

JN-360IPS27FHFR-HSPの良いところをレビュー

ここまで、JN-360IPS27FHDR-HSPの基本的な仕様について紹介してきました。スペックを見るだけでも本機の特徴はわかりやすいですが、スペックを見るだけではわからない部分もあります。

そこで今度は、JN-360IPS27FHDR-HSPの良いところについてレビューしていくので、ぜひご参考ください。

360Hzの超高リフレッシュレート対応

DP接続では360Hzのリフレッシュレートに対応

JN-360IPS27FHDR-HSPの最大の特徴であり魅力になっているのは、360Hzの超高リフレッシュレートに対応しているという点です。

360Hzに対応しているモニターは他社からも販売されていますが、総数自体はほかのモニターより少なくなります。そのうえ、6万円前後の製品が多いです。安くても、5万円台が相場になっています。

そのなかで、本機は4万円台という安さで販売されており、コスパが非常に高いです。

360Hzって、実際どうなの?

あや

あや

よしぞー

よしぞー

ハイスペPCだと便利だよ

リフレッシュレートは、PC側が出せるフレームレートよりも少し高い程度が望ましいとされています。

リフレッシュレートとフレームレートは対応しており、PC側が360fpsを出せる場合でも、モニターが240Hzまでであれば、最終的な映像は240fpsになってしまうためです。そのため、フルHDで360fpsまで出せるようなハイスペックPCを使っている場合は、使いやすいモニターだと言えます。

人気のFPS・TPSなどで、フレームレート優先でプレイしている方には特に、便利です。

HDMIでも240Hzまで対応できる

HDMI2.1に対応しているため、HDMI接続でも240Hzまで対応

JN-360IPS27FHDR-HSPは、DisplayPortで接続した場合、最大リフレッシュレートが360Hzにまで伸びます。

一方、HDMIでも240Hzまで対応できるのがいいところです。複数機器で使い回す場合に、最もスペックの高いPCをDisplayPortで接続して、それ以外をHDMIで接続するという使い分け方をしても、高リフレッシュレートを維持できます。

色鮮やかでキレイな映像が楽しめる

JN-360IPS27FHDR-HSPは、色性能が高いです。

sRGB100%と色の再現性が高く、ゲームの映像や動画などを色鮮やかに楽しめます。

sRGBというのは、国際電気標準会議が定める色空間の規格のことです。その色空間をどれだけ表現できるかというのをカバー率として、パーセンテージで表しています。100%は、sRGBの色域を全てカバーできるということです。

そのため、色鮮やかな映像が楽しめます。

また、イラスト制作や画像編集など作業用としても十分活用可能です。幅広い用途で使いやすいモニターだと言えます。

ゲーム用に欲しい機能が揃っている

JN-360IPS27FHDR-HSPには、ゲーム向けの機能が一通り揃っています。

まず、FreeSync。

これは、可変リフレッシュレート機能というものです。PCが出すフレームレートは、場面によって変動します。そのフレームレートの変動に合わせて、モニター側のリフレッシュレートを自動で調整する機能のことです。

これがあると、フレームレートとリフレッシュレートが乖離したときに起きる画面ヒビ現象などが防げます。

さらに、フリッカーフリーも搭載。これは、画面のちらつきを抑える機能です。眼精疲労の軽減だけでなく、ゲームでの視認性向上に繋がります。

ほかにも、エイム練習時に照準を表示する機能など、ゲームに使える機能が揃っているので、ゲーミングモニターとして使いやすいです。

JN-360IPS27FHDR-HSPの気になる点をレビュー

ここまで、JN-360IPS27FHDR-HSPの良いところについてレビューしてきました。もちろん、良いところもあれば一部に気になる点もあります。そこで今度は、JN-360IPS27FHDR-HSPの気になる点について簡単にレビューしていくので、ぜひご参考ください。

性能をフルに活かせる用途が限定的

フォートナイトをRTX3080Tiを搭載したPCで検証したが、映像設定「低」で240fps前後が限界です

JN-360IPS27FHDR-HSPの性能を最大限活かせる用途は、非常に限定的です。

フルHDで360Hzに対応しているのがいいところですが、それほどのフレームレートを安定して出せるのは、よほどスペックが高いPCくらいしかありません。軽いゲームで画質設定を大きく落とせば、RTX 4070程度のミドルハイクラスPCでも300fps近い数値が出る場合もあります。

ただ、画質設定もあまり下げずに300fps以上が出るPCとなると、超高性能なモデルくらいです。

そのハイスペPCで解像度を高めるのでなく、フレームレートだけを上げるような調整を行う人もあまり多くはありません。

本機の性能をフルに活かせるのは、ハイスペPCを所持しており、なおかつFPSやTPSでフレームレート優先の設定をしている人くらいのものです。

しかし、逆に言えば、そのような方々には非常にマッチしたモニターだと言えます。

内蔵スピーカーはおまけ程度

JN-360IPS27FHDR-HSPにはスピーカーが内蔵されていますが、音質などはおまけ程度のものです。

出力が2Wしかないので、まず音量があまり出ません。最大音量にしてもそれほど大きくならないので、内蔵スピーカーのままゲームをしたり配信を見たりするのには不向きです。

快適に使いたい場合は、外付けスピーカーまたはヘッドホンが必須となります。

21秒までがJN-360IPS27FHDR-HSPの音、22秒から先は接続している外部スピーカーからの音

音はしゃろうさんの音をお借りしています。

大きめのサイズで置き場所を選ぶ

JN-360IPS27FHDR-HSPは、27インチモニターです。

フルHDモニターとしては、比較的大きいサイズだと言えます。

WQHD以上の解像度のモニターを使っている方なら馴染みのあるサイズですが、フルHDモニターを普段から使っている方の場合は、少し注意が必要です。想像しているよりも、大きい可能性があります。

FPSなどで使いやすいと言われる一般的なゲーミングモニターが24インチが主流ですので、机の奥行きがあって、モニターから離れて操作できる環境がないと目が疲れてしまうはずです。

少し置き場所を選ぶので、注意しましょう。

JN-360IPS27FHDR-HSPはこんな方におすすめ!

  • FPS/TPSでパフォーマンス優先でプレイしている人
  • ハイスペPCでフルHDで運用している人
  • 低価格な360Hzモニターが欲しい人

JN-360IPS27FHDR-HSPは、以上のような方々におすすめです。

300fps以上のフレームレートを出せるPCを所持していることが、大前提になります。そのPCでパフォーマンス優先の設定でゲームをプレイしている方や、低価格な360Hzモニターを探している方には非常におすすめです。

360Hzモニターとしては非常に安く、機能性も十分。他社より安価なのに性能も機能も特にカットされておらず、フルHDの360Hzモニターでは最強のコスパだと言えます。

万人にはおすすめできないものの、先述の条件に当てはまる方には非常におすすめです。

まとめ|ハイスペックPCでゲームを快適に楽しめる!

本記事では、JN-360IPS27FHDR-HSPの良いところと気になる点について、レビューしてきました。

本機は、性能が非常に特徴的ですが、360Hzモニターのなかでは比較的扱いやすい部類です。360HzモニターはフルHDのものもありますが、WQHDが多い傾向があります。

しかし、WQHDで360fpsを出せるようなPCは少ないです。フルHDであれば、パフォーマンス優先の設定にすれば軽いゲームで300fps以上が出るPCは、WQHDより多くなります。

ミドルハイクラス以上のPCを持っている方や、ハイスペックPCを持っている方で、フルHDでフレームレートを高くしてゲームを遊んでいる方には特におすすめのモニターですよ。

Amazonでお得に買い物をする

Amazonで買い物するなら、Amazonギフト券の購入(チャージ)がポイントが付いておすすめです。

現金チャージすると、通常会員で2.0%、プライム会員なら最大2.5%ポイントをゲットできます!

定期的にAmazonでお買い物するならチャージをぜひ活用しましょう

▶Amazonギフト券の購入(チャージ)はこちらから可能です!

よしぞー

よしぞー

メタバース・ゲーム・音の世界で日々を暮らしています。このブログではゲーミング・VR、音楽鑑賞・オーディオについてデバイス等の情報発信やレビューをしています。

カテゴリー:
関連記事